bit

もうすぐ開幕! 錦織出場予定の全米オープンテニス見どころを解説

夏の甲子園が終わり、世のスポーツファンたちも一休み……するのはまだ早い!
8/31から全米オープンテニスが始まります。全米オープンはテニスのグランドスラム(4大大会)のひとつ。グランドスラムは賞金や知名度などの面で他の大会とはケタ違いであり、すべてのテニス選手の目標といえるでしょう。

全米オープンテニスを連日生中継するWOWOWでは、見どころをまとめた動画を公開しています。

男子の注目は錦織圭!


そんな全米オープン、男子の注目はなんといっても我らが錦織圭。昨年の全米オープンでは、見事に決勝進出。準決勝で世界ランキング1位のジョコビッチに勝った試合は多くの日本人の感動を呼びました。今でも多くの人がこの試合の興奮を覚えているのではないでしょうか。
もうすぐ開幕! 錦織出場予定の全米オープンテニス見どころを解説
ジョコビッチ戦、勝利の瞬間!

しかし、先日開催されていたウィンブルドンでは、足の故障で2回戦棄権という結果に終わり、不安視する声もあります。
そんな不安をよそに今月、錦織は全米オープンと同じハードコートで、元世界ランキング1位のラファエル・ナダルに見事に勝利しました。ハードコートを得意とする錦織は必ずや、今年の全米でも好成績を残してくれるでしょう。

立ちはだかる錦織圭のライバル


しかし、グランドスラムともなるとそう甘くはありません。錦織の前には数々のライバルが立ちはだかっています。その中心は「BIG4」と呼ばれるメンバー。フェデラー、ナダル、ジョコビッチ、マレーとテニスファンならば誰しもが知っている偉大な選手たちです。グランドスラム17回優勝のフェデラーを筆頭に、4人はいずれも4大大会では複数回優勝しており、どうすれば勝てるかを熟知しています。
もうすぐ開幕! 錦織出場予定の全米オープンテニス見どころを解説

また、「BIG4」の他にも、ワウニンカやラオニッチ、昨年錦織が決勝で敗れたチリッチなど強敵ぞろい。彼らを相手に錦織がどう挑んでいくか、注目です!

女子の注目選手は?


そして女子の見どころはなんといってもセレナ・ウィリアムズ。現在世界ランキング1位で21回ものグランドスラム優勝の実績があります。近年も絶好調であり、昨年の全米オープンからここまで4回連続でグランドスラムを制しています。
彼女の特徴は男子顔負けのパワーテニス。サーブ・ストロークともにパワーで相手を圧倒するプレースタイルは、見ているこちら側も力強さに圧倒されてしまいそうです。
もうすぐ開幕! 錦織出場予定の全米オープンテニス見どころを解説

そんな彼女の勢いを止めるのは誰か、という視点で今年の全米を見るもの面白いのではないでしょうか。

また、日本人選手では、奈良くるみ・土居美咲の2名の出場が決定しています。二人とも1991年生まれと若く、勢いがあるので活躍を期待したいです。

車いすの部も見どころ十分!


もうすぐ開幕! 錦織出場予定の全米オープンテニス見どころを解説

全米オープンは車いすの部も見どころ満載なのです。みなさんは昨年の車いすの部を日本人選手が制したことをご存じでしょうか。しかも昨年は男女アベック優勝でした。その選手は国枝慎吾と上地結衣。特に国枝慎吾は全米では5回優勝しており、敵なしの状況です。再び車いすの部でのアベック優勝が見られるか。こんなところも全米オープンの見どころのひとつなのです。

見どころたっぷりの全米オープンテニスは8/31から始まります。
みなさんも熱戦の数々を見逃さないよう、眠い目を擦りながら観戦してみてはいかがでしょうか。

情報提供元:WOWOW

あわせて読みたい

  • 伊達公子"ため息"発言の真意は

    伊達公子"ため息"発言の真意は

  • 松岡修造 実は理論派でネガティブ?

    松岡修造 実は理論派でネガティブ?

  • コネタの記事をもっと見る 2015年8月28日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース