review

【即日「まれ」レビュー】126話。誰かひとりに届けば始まりになる

       
エキレビ!名物、木俣冬の日刊「まれ」、いつもは翌日レビューでお楽しみいただいてますが、17日から一週間は、夏休み特別企画として「当日朝の放映分を即レビュー」するという「即日まれ」体制でお届けします。
【即日「まれ」レビュー】126話。誰かひとりに届けば始まりになる
「ウイークリーステラ」8月19日発売号/NHK 出版

朝ドラ「まれ」(NHK 月〜土 朝8時〜)8月22日(土)放送。第21週「復活マルジョレーヌ」第126話より。脚本:篠崎絵里子(崎の大は立) 演出:一木正恵

126話は、こんな話


希(土屋太鳳)は店の商品を、かぼちゃのプリン、イチゴのショートケーキ、シュークリームとオーソドックスなものに一新。ひとつだけ、こだわりのマルジョレーヌをつくった。高価なマルジョレーヌはなかなか売れなかったが、あるとき、この味が忘れられないという客がやってくる。

今日の、高志


126話は、高志(渡辺大知)に尽きるでしょう。
藍子(常盤貴子)を笑わせ、希を励ましました。
前者は言葉を使わない表現、後者は言葉を使った表現と対極のふたつを使い分けて見せます。
相手のことを第一に考えることで表現の仕方も変わるもの。
藍子には笑ってほしかったから、理屈で励ますのではなくて、自らを道化にし、
悩んでいる希には、心に響く言葉で背中を押す。
高志の人間力は尊敬に値します。

「ひとりから始めてんよ。」
「歌・・・たったひとりに届けばいいと思って。」
「希のケーキもひとりをちゃ待てばいいげん。」
「誰かひとりに届けば始まりになるさけ。」

このところ、どんなにいい話になってもまったく響かなくなっていた乾いた心に、これは久々、染みました。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「まれ」

朝ドラ「まれ」

能登地方に家族と移住し育ったヒロイン津村希(つむら まれ)がパティシエを目指して成長していく物語。脚本は山崎絵里子が執筆するオリジナル作品で、ヒロインは土屋太鳳が演じた。2015年3月30日〜9月26日放送。

2015年8月22日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。