ケツメイシ 始動から20年! 泣けて笑えて、感動いっぱいの総合エンタテインメントに魅せられた夜

ケツメイシ 始動から20年! 泣けて笑えて、感動いっぱいの総合エンタテインメントに魅せられた夜
撮影/石井亜希
■闇から光へ尿意ドーン!ケツメイシTOUR 2013
~エッ?追加公演?いつやるの?…今でしょ!~
2013.08.17(SAT) at 横浜アリーナ
(※画像21点)

活動をスタートさせてから、20年ものキャリアを重ねてきたケツメイシ。4月から始まった通算7度目で、レーベルを移籍してからは初となる全国ツアーも、大阪、横浜、沖縄の3ヶ所で追加が出る盛況ぶりだ。新しい風を取り込んだ彼らの“今”の姿を見届けるべく、横浜アリーナ公演の初日を訪ねた。

照明が落とされ、ハイテンションなダンスチューンが轟くと、オーディエンスから「オイ! オイ!」の大合唱がわき起った。ステージには人型の照明がずらりと並び、主役4人の登場を待ち受ける…かと想いきや、それはLED照明を纏ったダンサーで、華麗な光のパフォーマンスでまず観客の度肝を抜いた。と同時に、ステージ中央で膨らんだ巨大バルーンを割って、メンバーが登場。「叫べー!」の大号令とともに、最新アルバムの1曲目「脳内開放」で“頭の中を解き放て”とメッセージを贈られたのだから、盛り上がらないワケがない。タオル曲「guruguru」、「1万2千人の手を(こっちに)見せて!」と大蔵が煽る「papamama syndorome」とアップチューンで畳み掛けてくる4人に、2万4千の手も前後に大きく振って応戦していた。

今回の公演は、本公演とはセットリストが若干変わり、中盤では、RYOの高速ラップやロックンロールなトラックで体内温度がぐっと急上昇する「夏とビールとロックンロール」や、RYOJIのヴォイスに胸キュンしてしまうハートウォームでエバーグリーンな名曲「君とつくる未来」など、多彩な過去のヒット曲も出し惜しみせず披露された。ちなみに、MCではRYOが中心となり、ここではお伝えできないような(苦笑)下ネタも織り交ぜつつ、時おり客席から突っ込みを入れられながらの和やかなトークに誰もがリラックスした笑顔になった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2013年8月30日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ポルノグラフィティ」のニュース

次に読みたい関連記事「ポルノグラフィティ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「flumpool」のニュース

次に読みたい関連記事「flumpool」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「コブクロ」のニュース

次に読みたい関連記事「コブクロ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース