review

トム・クルーズの体当たりアクションと視覚的快楽が凄い「ミッション:インポッシブル」

       
トム・クルーズの体当たりアクションと視覚的快楽が凄い「ミッション:インポッシブル」
(C)2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』が公開17日間で累計興行収入34億円を突破しました。シリーズ前作である『ゴーストプロトコル』の同期間と比べて23%増と好調です。シリーズ5作目となる今回の見どころをライター・編集者の飯田一史さんとSF・文芸評論家の藤田直哉さんが語り合います。

監督がサスペンスの力を信じている


藤田 トム・クルーズ主演の大人気シリーズ『ミッション:インポッシブル』最新作、『M:I5』こと『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』は、端正なサスペンス映画であり、アクション映画でした。監督がサスペンスの力を信じて作っているのが良くわかりますね。映像も、最近の流行である3Dを使ったぐるぐる動く映像を、あえて避けた画面作りをしていますね。まず、この堂々としたたずまいを、評価したい。
 とはいえ、若干の物足りなさを覚える部分もありました。
 まずは、面白かった点から指摘します。設定としては、主人公のイーサンが所属しているのはIMFという「架空の組織」と表向きは言っている諜報組織。でも本当は実在するIMFが、「『シンジケート』と呼ばれる架空のテロ組織をでっちあげて、組織を正当化するために自作自演の事件を起こしている」とCIAに追い詰められていく。この逆転の設定は面白かったですよ。そりゃ、現場にイーサンと犯人はいるわけだから、状況証拠的に、イーサンが犯人に見えても仕方がないわけです。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「トム・クルーズの体当たりアクションと視覚的快楽が凄い「ミッション:インポッシブル」」の みんなの反応 3
  • Nuko 通報

    面白いレビューありがとうございます。 いつも映画は画面ばかりみていて、裏事情とか見れるほど達人じゃないので、助かります。

    0
  • Nuko 通報

    自分は、ローグネーションの最後はテロの話より、 トレーニングだと思っていたイギリスの首相? IMFらしく、スパイの預金通帳を記帳してしまったところが気になりました。

    0
  • Nuko 通報

    その他は楽しいアクションで、確かにはっきりオチがなかった感はあります

    0
この記事にコメントする

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年8月26日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。