review

トム・クルーズの体当たりアクションと視覚的快楽が凄い「ミッション:インポッシブル」

       
 テロ組織と戦っている主人公たちの組織であるIMFが、CIAに「ならずもの組織」扱いされる。この辺は、結構良かったんですよ。
 でも、ネタバレになっちゃいますが、結局、オチが弱かった。国際的なテロ組織と戦うのではなくて、イスラム国とかビン・ラディンとかのテロ組織を生み出したのは実はアメリカだ! みたいな、イラク戦争の頃や911のあとに聞き飽きるほど聞いた内容に終始していて、そこは期待はずれでした。
 ぼくは、予告編で観たときに、IMFと中国が本気で衝突するような、本気で世界経済のエグい内容を期待してしまっていたんですよ。IMFは間違っている! グローバル経済の違う原理を示すぞ! ぐらいの、凄いことをやるんじゃないかと思っていた。

飯田 中国と衝突www

藤田 『M:I5』は、中国企業のアリババ社が初めてハリウッド映画に出資した作品なわけですから、それが内容に影響して、IMFをやたらdisる展開になるのかとすごい期待したら、そんなでもなかったw

飯田 それは「国際通貨基金」のほうのIMFとごっちゃになってるでしょ?w
 というか、「ネーション」も「ステート」も関係ない話じゃなかった? 諜報組織同士のつばぜりあいでしょ、すべてが。国家おいてけぼりの話。「諜報組織制御できなすぎワロタwww」みたいな。

藤田 一応ちゃんと言っておくと、作中の特殊部隊は「Impossible Mission Force」。実在の組織、国際通貨基金は「International Monetary Fund」。略称は、同じくIMFですね。この略称の重なりを使ってグローバル資本主義の問題を扱うと思い込んだのは、ぼくの勘違いw 物語の規模が小さいのは、同意です。スタート地点の期待値がでかいのに、意外と小粒なとこに収束してしまうのは残念でしたね。しかし、国家の統制を離れた別組織を作ろうとするあの悪役は、『メタルギア・ソリッド』のビッグボスにちょっと似てません?

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「トム・クルーズの体当たりアクションと視覚的快楽が凄い「ミッション:インポッシブル」」の みんなの反応 3
  • Nuko 通報

    面白いレビューありがとうございます。 いつも映画は画面ばかりみていて、裏事情とか見れるほど達人じゃないので、助かります。

    0
  • Nuko 通報

    自分は、ローグネーションの最後はテロの話より、 トレーニングだと思っていたイギリスの首相? IMFらしく、スパイの預金通帳を記帳してしまったところが気になりました。

    0
  • Nuko 通報

    その他は楽しいアクションで、確かにはっきりオチがなかった感はあります

    0
この記事にコメントする

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年8月26日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。