Dragon Ash ここから先に進むことを感じさせる餞(はなむけ)の歌/ライブレポート

 
Dragon Ash ここから先に進むことを感じさせる餞(はなむけ)の歌/ライブレポート

■Dragon Ash Live ~REST IN PEACE IKUZONE~
2012.08.17(FRI) at Zepp Fukuoka
(※画像13点)

Dragon Ashのライヴ【Dragon Ash Live ~REST IN PEACE IKUZONE~】のツアーファイナルが8月17日(金)にZepp Fukuokaで行なわれた。バンドメンバーであるIKUZONE(Ba)の急逝に際して開催されたこのツアーは7月4日のSHIBUYA-AXを皮切りに計5公演が行なわれた。メンバーの発案で行なわれた本ツアーは、メンバー7人の深い結びつきを表現するかのように6人のメンバーでの演奏とIKUZONEのいつものライヴセットをそのままに、彼がレコーディングで残した音源を使用し、そこにあたかもIKUZONEがいるかのように演奏されるという特別なスタイルのライヴとなった。

Dragon Ash ここから先に進むことを感じさせる餞(はなむけ)の歌/ライブレポート

Dragon Ash ここから先に進むことを感じさせる餞(はなむけ)の歌/ライブレポート

開場の18時には、この日のために作られたIKUZONEのシンボルカラー“赤”と“青”のタオル、そして、彼が描いたイラストをモチーフにしたTシャツを着た多くのファンが集まった。会場内には追悼献花式で使用した大きな写真、ベース、そしてファンの書き込みで埋め尽くされたメッセージフラッグが飾られた。

19時にライヴがスタート。この日もこれまでと同じように、IKUZONEとの15年を振り返る約40分に及ぶフィルムが上映された。デビュー前のレコーディング風景から最後のライヴとなった盟友ROTTENGRAFFTYとのライヴ映像まで、IKUZONEと共に歩んだ多くの歴史をできるだけ凝縮したフィルムであった。このフィルムのエンディングとオーバーラップするかのようにあの曲のオープニングが流れ始める、「陽はまたのぼりくりかえす」。Kjの声が聞こえないほどの大合唱に会場が包まれる。バンドにとっても、オーディンエンスにとっても本当に大事な曲でライヴは幕を開けた。1997年にリリースされた1stミニアルバムのタイトル曲「The day dragged on」、そして、同年にリリースされた1stシングル「Rainy day and day」と、このツアーにふさわしい選曲が続く。
エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2012年8月19日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース