高橋優 ステージにいたのは正直な男、高橋優だった/ライブレポート

高橋優 ステージにいたのは正直な男、高橋優だった/ライブレポート
撮影/石井麻木
■高橋優全国ツアー ~この声って誰?高橋優じゃなぁい?2012
2012.07.01(SUN) at 渋谷公会堂
(※画像11点)

暗転と同時に、ステージを覆う幕に映ったのは巨大なシルエット姿の高橋優だった。手にしたエレキギターからノイズやフィードバックを起こし、ファンを覚醒。客席の高まる想いは歓声となって、シルエットの高橋に向けられていった。その声を全身で浴びながらギターソロを弾きまくる高橋。音源通りというより、今、この瞬間の衝動を表わす、活き活きとした「序曲」だ。まさに“リアルタイム・シンガーソングライター”の高橋優にふさわしいオープニングである。

彼にとっての第二の故郷とも呼べる札幌を皮切りにスタートしたホールツアー【高橋優全国ツアー ~この声って誰?高橋優じゃなぁい?2012】。そのファイナル公演が、7月1日(日)に渋谷公会堂で行なわれた。初めてのホールツアーだけに、様々なプレッシャーや気負いもあったはずだが、しかし、ステージにいたのは正直な男、高橋優だった。

「序曲」のギターソロからそのまま「蛍」へ入った時、ついに幕は開いた。都市のビル群を思わせるステージセットで、路上で弾き語りをしていた時代も連想させる。しかし今は、素通りする人々が相手ではない。彼の目の前にいるのは、超満員のファン達だ。一段と高まる歓声と拍手に、自然に笑顔もこぼれる高橋。続く「終焉のディープキス」では、躍動的な曲に乗ってステップも踏みながらギターを刻み、歌う。さらに「誰がために鐘は鳴る」では、<ここにいる ここで生きてる>の一節を、グッと力を込めて会場中に響かせた。客席からは歌声も自然に起こり、一体感は強まるばかり。笑顔を輝かせる高橋でもあった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 高橋優 ライブ
高橋優のプロフィールを見る
エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2012年7月7日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「高橋優 + ライブ」のおすすめ記事

「高橋優 + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「森山直太朗」のニュース

次に読みたい関連記事「森山直太朗」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース