高橋優の歌はそのままファン一人ひとりの歌になる 2度目の全国ツアー“誰がために唄う優”/レポート

高橋優の歌はそのままファン一人ひとりの歌になる 2度目の全国ツアー“誰がために唄う優”/レポート
撮影/森 久

■高橋優2011秋の全国ツアー~誰がために唄う優
2011.11.25(FRI) at 東京・SHIBUYA-AX

まだ明るいままのSHIBUYA-AXのフロアから起こり始めた小さな拍手が、徐々に大きくなって、ついには会場全体にこだました。高橋優にとっての二度目となる全国ツアー【高橋優2011秋の全国ツアー~誰がために唄う優】のファイナル公演となった11月25日のSHIBUYA-AX。彼の歌を生で味わいたい熱は高まるばかりで、それが拍手となって、開演前の会場に響き渡っていた。

やや定刻を過ぎたころ、SEを合図にバンド・メンバーが登場。そしてすさまじい拍手と歓声が、最後に出てきた高橋優を包み込んだ。その名のとおり優しい表情を見せながら歌い始めたのは「誰がために鐘は鳴る」。今度は高橋優の声と壮大なバンド・サウンドが会場に響き渡る。続く「終焉のディープキス」では、テレキャスターをかきむしるように弾きながら強い口調で問いかけるように歌う。「素晴らしき日常」では、路上ライヴで鍛え上げたよく通る声で、メッセージを突きつけた。

感謝の言葉と、今回のツアーを通して自分は晴れ男になったという主張を交えながら「誰がために精いっぱい歌わせていただきます」と宣言。ここからライヴはさらに表情豊かになっていった。





恋愛を歌う曲ではまるで告白するように真剣なまなざしで歌い、趣味が高じて民謡歌手としても活躍めざましい父親とのエピソードでは笑いを起こし続ける。あるいは「頭ん中そればかり」では、歌詞にある妄想をそのまま身振り手振りにして歌い、フロアを変な興奮で沸きあがらせる。また“僕の熱い想いを受け取っていただきたい”と高揚した顔つきで歌った「想いよ、届け」では、熱さを充満させていった。ちなみにこの曲では、ハンドマイクで歌いながらステージを所狭しと駆け回り、片手に持ったタオルをグルグル振りまわすのだが、ファンも一緒になってタオル回しを決める。エキサイティングな光景が会場に広がった。さらに本編ラスト「福笑い」では笑顔でほころばせ、アンコールで披露された新曲「卒業」では曲が進むにつれ表情を輝かせていった。
エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2011年12月7日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース