L'Arc~en~Ciel 誕生の地、大阪で迎えた20周年記念ツアー最終公演/レポート

L'Arc~en~Ciel 誕生の地、大阪で迎えた20周年記念ツアー最終公演/レポート
■20th L'Anniversary TOUR
2011.12.03(SAT)04(SUN) at 京セラドーム大阪
(※画像5点)

全国5大都市のアリーナ/ドーム会場を廻る【20th L'Anniversary TOUR】。そのファイナルとなった京セラドーム大阪2Daysはチケット発売開始後、たった数分でソールドアウトとなった。38,000人を収容するドーム球場にして巨大複合レジャー施設には開場時間前から多くのファンが周囲を取り囲み、開演の瞬間を待っていた。

一日目。ステージ幅に配置された巨大LEDに映し出されたのは、メンバーの瞳や宇宙、そして天使が運ぶケーキが祝福する20th L'Anniversary。映像を駆使したドラマティックな演出と、煌びやかな照明に彩られて、客席の反応はオープニングからクライマックスを迎えたかのような盛り上がりをみせる。場内が暗転すると、静寂の中に響きわたったのはhydeの独唱だった。オープニングナンバーの「虹」は生ストリングスが施されたアレンジ。LEDが映し出すキャンドルをバックライトに浮かび上がるhydeのシルエットは、この曲が持つ深くシリアスな側面をより強いコントラストで浮かび上がらせているかのようだ。

色彩豊かな「Caress of Venus」や「GOOD LUCK MY WAY」といったエッジの効いたナンバーが立て続けに演奏された前半。とりわけ「the Fourth Avenue caf(e)」では、100m以上はあろうかというステージの最右翼から最左翼まで、メンバーはのっけからアクティヴな動きをみせる。
エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2011年12月5日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース