秦 基博 アコースティックとバンドで魅せた、5周年記念の武道館公演/レポート

秦 基博 アコースティックとバンドで魅せた、5周年記念の武道館公演/レポート
撮影/笹原清明
■Hata Motohiro 5th Anniversary『HATA MOTOHIRO -LIVE AT BUDOKAN-』
2011.11.05(SAT) at 日本武道館
(※画像12点)

デビュー5周年記念日を3日後に控えた11月5日、秦 基博の姿は日本武道館にあった。この日は“5周年記念ライヴ”として全国3ヶ所で開催されたツアーの【HATA MOTOHIRO - LIVE AT BUDOKAN -】公演当日。開演前、バックステージにいるであろう秦の様子はわからないが、超満員の観客で埋め尽くされた場内は、開演時間が近づくにつれ熱気に包まれていった。

場内の照明が一度暗くなり、再び明りが灯されたステージには秦 基博がいた。ただ一人。黒のシャツにベスト、そしてネクタイという、いつもより少し正装した彼の出で立ちが、このライヴの“アニバーサリー感”を漂わす。ちなみに今回の公演は<Acoustic Session>と<BAND Session>の2部構成で行なわれたのだが、そのすべては彼がギターを手にし、慣れた手付きでサラリと弦に触れ、「ようこそ」と言って歌い出した「青い蝶」から始まった。

続く楽曲からは、ベース・FIREとの「やわらかな午後に遅い朝食を」、ギター・久保田光太郎との「夕凪の街」、ピアノ・伊東ミキオとの「風景」、パーカッション・正木健一との「dot」と、“秦 基博+1”という形でメンバーを迎えて披露。どの楽曲も、音数の少なさゆえのちょっとした緊張感がありつつ、とはいえ多くのレコーディングやライヴを共にしてきた者同士の息の合ったプレイで観客を魅了する。時折客席から飛ぶ「(5周年)おめでとう!」の声に「ありがとう」と答える秦も、終始リラックスした様子だ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 秦基博 曲
秦基博のプロフィールを見る
エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2011年11月15日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「秦基博 + 曲」のおすすめ記事

「秦基博 + 曲」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ポルノグラフィティ」のニュース

次に読みたい関連記事「ポルノグラフィティ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「三浦大知」のニュース

次に読みたい関連記事「三浦大知」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース