aiko デビュー記念日を祝うスペシャルな1日『LLP vol.14』NHKホール公演/レポート

aiko デビュー記念日を祝うスペシャルな1日『LLP vol.14』NHKホール公演/レポート
撮影/金原 誠
■aiko Live Tour『Love Like Pop vol.14』
2011.07.17(SUN) at NHKホール
(※画像8点)

震災による影響で延期となっていた仙台公演が無事終了し、約4ヶ月で全国26本を巡ったaikoのツアー【Love Like Pop vol.14】がついに大団円を迎えた。その終盤に行われた7月17日のNHKホールでのライヴ。それは彼女にとってデビュー記念日を飾るスペシャルなものとなった。

オープニングには過去の映像をコラージュしたこの日だけの映像が流され、デビューから丸13年を迎えたアニバーサリームードが初っ端から加速する。今回のツアーでは内容の全く異なる二つのセットリストが用意されていたのだが、この日は1曲目の「愛の病」から「beat」「ボーイフレンド」と勢いのあるナンバーを立て続けに披露していく“その2”タイプがチョイスされていた。「14年目の一発目! 皆さん来てくれてありがとうございます!!」と元気いっぱいに挨拶を投げかけるaikoに、すでに汗だくの観客たちは割れんばかりの歓声で応えていく。MCでは飛び交う祝福の声一つひとつに耳を傾け、親密なトークを繰り広げる。このaikoのライヴならではのハッピーな一体感が気持ち良い。

ホーンをフィーチャーした「雨踏むオーバーオール」や久々に歌われた「ココア」といったちょっと大人ぽいナンバーを交えつつ迎えた中盤では、弾き語りコーナーが用意されていた。観客から募った7つのキーワード全てを盛り込んだ曲を即興で作り上げるという驚きの離れ技を見せてくれた後は、「ラジオ」と「二時頃」をしっとりと聴かせる。大掛かりなセットや演出に頼ることなく、自らの歌と気持ちでライヴに心地良い緩急を織り交ぜた流れを生んでいくスタイルはまさにaikoの真骨頂。アーティストとしての真価とも言える、その才能があったからこそ彼女は13年もの間、第一線を走り続け、変わることなく愛され続けてきたのだろう。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. aiko ライブ
エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2011年8月30日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「aiko + ライブ」のおすすめ記事

「aiko + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「スキマスイッチ」のニュース

次に読みたい関連記事「スキマスイッチ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「flumpool」のニュース

次に読みたい関連記事「flumpool」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース