review

阿部サダヲが伝説に挑む。宝塚歌劇、プロ野球、ターミナルデパートの祖「経世済民の男 小林一三」

NHKの放送90年ドラマ「経世済民の男」の第2弾が本日5日と来週土曜(12日)の夜9時より放送される。8月に放送された東京制作の「高橋是清」に続く大阪放送局制作の今作の主人公は、阪急・東宝グループの創業者である小林一三(いちぞう。1873~1957)だ。主演は阿部サダヲ、脚本は森下佳子。ここ最近、NHKの朝ドラ「ごちそうさん」、TBSの日曜劇場「天皇の料理番」といった作品で明治から昭和にかけての時代を描き、高い評価を得てきた森下だけに、やはり同時代を舞台とする本作にも期待が高まる。

小林一三は、単なる企業家・経済人という立場にとどまらず、政界にも進出したほか、文化や人々のライフスタイルにおよぼした影響も大きい。この記事では、ドラマのガイドとして、その多岐におよぶ業績をちょっと紹介してみたい。

“問題社員”だった銀行員時代


小林一三は、1873(明治6)年、山梨県に生まれた。山梨からは、現在のJR中央線の建設や京急電鉄、江ノ電などの設立に携わった雨宮敬次郎、東武鉄道の創業者である根津嘉一郎など、鉄道で財をなした人物が何人も輩出されている。ただし、もともと相場師として名をあげた雨宮や根津に対して、一三は慶應義塾在学中より小説や芝居に熱中し、金儲けにはとんと興味がなく、むしろ作家や新聞記者に憧れていた。学校を出て三井銀行(現・三井住友銀行)に入ったものの、1月から出社しなければならなかったのに、3カ月間ブラブラしていて欠勤するという“問題社員”だった。

この記事の画像

「阿部サダヲが伝説に挑む。宝塚歌劇、プロ野球、ターミナルデパートの祖「経世済民の男 小林一三」」の画像1 「阿部サダヲが伝説に挑む。宝塚歌劇、プロ野球、ターミナルデパートの祖「経世済民の男 小林一三」」の画像2 「阿部サダヲが伝説に挑む。宝塚歌劇、プロ野球、ターミナルデパートの祖「経世済民の男 小林一三」」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク