bit

なぜいま、「スウェーデン映画」がキテるのか

なぜいま、「スウェーデン映画」がキテるのか
『スウェーデン映画祭2015』より『同窓会/アンナの場合』<br />(C)Photo Jonas Jorneberg<br />本作が長編デビュー作となるアンナ・オデルの実体験を元にした、フィクションとノンフィクションの世界が入り交じり、人間の内面を鋭く抉り出す、異色の問題作。
『シンプル・シモン』『100歳の華麗なる冒険』『フレンチアルプスで起きたこと』、そして現在公開中の『さよなら、人類』と、昨年から衝撃を受けた映画、「大当たり!」と感じた映画が、ことごとくなぜかスウェーデン映画であることを不思議に思っていた。
しかも、それらのいずれも全く違うテイストで、「スウェーデン映画っぽい」色というのも、つかめない。
調べてみると、3年前から「スウェーデン映画祭」なるものが渋谷・ユーロスペースで開催されていて、今年は9月19日~25日に開催されるという。

いま、なぜスウェーデン映画がキテるのか。近年の北欧ブームの流れなのだろうか。「トーキョーノーザンライツフェスティバル」代表の笠原貞徳さんに聞いた。

監督の作家性が高いスウェーデン映画


「スウェーデン映画はここ3年ほどで日本での配給が増えています。もともと5年ほど前から北欧五カ国の映画を集めた『トーキョーノーザンライツフェスティバル』を開催しているのですが、そのなかでもスウェーデンは一番大きい国で、映画も一番作られていますし、また、イングマール・ベルイマン監督のように世界中で注目されている監督もいます。ただし、北欧映画というと、日本ではちょっと暗く、人間の内面に迫るドラマが多い印象を持たれていたのです」

スウェーデン映画には、『フレンチアルプスで起きたこと』のようなブラックな人間ドラマが多いほか、実はコメディもメロドラマもあり、多様性があるそう。

あわせて読みたい

  • 北欧のクリスマスの主人公はサンタクロースじゃない!?

    北欧のクリスマスの主人公はサンタクロースじゃない!?

  • 意外な常識!? 北欧では立って仕事をするのも普通

    意外な常識!? 北欧では立って仕事をするのも普通

  • デンマークでは、店員と客の上下関係が逆!?

    デンマークでは、店員と客の上下関係が逆!?

  • デンマークの赤ちゃんは氷点下でも外でお昼寝が基本!?

    デンマークの赤ちゃんは氷点下でも外でお昼寝が基本!?

  • コネタの記事をもっと見る 2015年9月19日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら