Mr.Children スタジアムツアー“未完”終了。 雨の日産スタジアムをレポート/ライブレポート

 
Mr.Children スタジアムツアー“未完”終了。 雨の日産スタジアムをレポート/ライブレポート
撮影/石渡憲一

■Mr.Children Stadium Tour 2015 未完
2015.09.06(SUN) at 日産スタジアム
(※画像9点)

観客の耳が“人見知り”することない新曲と、懐古とは無縁の代表曲

後半、雨が強くなり、メンバーが花道からセンター・ステージへと進み出て演奏するシーンでは、フィールドの観客とともにずぶ濡れの熱演となった。でも、僕が観た日がどんな天候だったとしても、大きな感動が待ち受けていたはずだ。そんな全天候型の準備を彼らはしていた。まだ聴き馴染みのない新しいアルバムの曲を、観客の耳に“人見知り”することなく届ける努力と、長く演奏しているお馴染みの曲に、“懐古”とは無縁の新たな息吹を与えることを怠ることなかった。

Mr.Children スタジアムツアー“未完”終了。 雨の日産スタジアムをレポート/ライブレポート
撮影/石渡憲一

Mr.Children スタジアムツアー“未完”終了。 雨の日産スタジアムをレポート/ライブレポート
撮影/石渡憲一

Mr.Children スタジアムツアー“未完”終了。 雨の日産スタジアムをレポート/ライブレポート
撮影/石渡憲一

想像することの大切さを説く冒頭のムービーは、プログラムが進むにつれ「伏線だったのかな?」と思えた。「擬態」にしろ「I Can Make It」にしろ、「and I love you」、「進化論」、「幻聴」にしろ、そこから始まる何かを伝えているのだ。でも今回のセットリストは、がちがちにコンセプチャルというわけではない。

1曲目が「未完」であることは効果的だったし、客席にいて、いきなりこちらもスイッチが入った。ドームやスタジアムという広い場所ではシンプルな演出こそが届くけど、スクリーン映像でハンドクラップを誘った「ニシエヒガシエ」や「運命」は、そのあたり実に明瞭で、難なくステージと観客の絆を深めた。でも「運命」。ここの最近の桜井にしてはとっても“純”な恋愛ソングだ。ひとつ手前では「CHILDREN'S WORLD」という、最初期の作品を珍しくも演奏していたが、ここは“純”つながりってことで、いい流れを生んでいた。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「Mr.Children」に関する記事

「Mr.Children」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「Mr.Children」の記事

次に読みたい「Mr.Children」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク