review

30歳過ぎて日本一目指しちゃ恥ずかしいのか「まれ」154話

30歳過ぎて日本一目指しちゃ恥ずかしいのか「まれ」154話
「まれメモリアルブック」NHK出版
朝ドラ「まれ」(NHK 月〜土 朝8時〜)9月24日(木)放送。第26週「希空ウエディングケーキ」第154話より。脚本:篠崎絵里子(崎の大は立) 演出: 渡辺一貴

154話は、こんな話


コンクールを終えて能登に帰って来た希(土屋太鳳)。その夏、8月10日、希と圭太の結婚式が企画されることになった。家族や地元のお客さんに愛されていることを実感する希。そして、かつて自分を「風の者」と線を引いた一子(清水富美加)に、故郷という根っこに憧れていたと語る。

今日の、能登


やっぱりロケはいい。
家族と歩く緑いっぱいの道。一子と語り合う夕暮れの海辺。
うんと引きで撮る画もいい。
ずっとロケだったら良かったのに、と思うものの、いつもいつもではなく、たまにこれがあるからいいのかもしれません。その証拠に、自然をたくさん映したあとで、一子と故郷の話になる流れは説得力あります。
「まれ」初期に語られた「風の者」(希)と「土の者」(能登の人たち)の違い。最終週で、それに対するひとつの結論がようやく出ました。
子供のとき、東京から逃げるようにして能登にやって来た希は「故郷という根っこ」に憧れていて、そこで結婚し子供を生み育て、お店をつくってお客さんを呼び、32年間かけて能登に根ざしていったのです。
希が外から来た「風の者」だったから、この土地や人々も刺激を受けて変わっていった、と一子は思います。
一子の「東京ちゃ故郷から出て来た土のもんだらけやった」と笑うのも結末にはふさわしい知見でした。

あわせて読みたい

  • 大泉洋は無垢な男日本一「まれ」152話

    大泉洋は無垢な男日本一「まれ」152話

  • 小日向文世と大泉洋頼み「まれ」151話

    小日向文世と大泉洋頼み「まれ」151話

  • 脇が甘いまま遂に最終週「まれ」150話

    脇が甘いまま遂に最終週「まれ」150話

  • 愛する人とやりたいこと「まれ」149話

    愛する人とやりたいこと「まれ」149話

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2015年9月25日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    まれ

    まれ

    『まれ』は、NHKで放送されている連続テレビ小説。今回は、パティシエを目指す少女・希(まれ)の物語。幼いころ石川県能登地方に越してきた希は、 世界一のパティシエを目指し、横浜で厳しい修業に挑んでいく……

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース