GACKT 「オマエが時代を動かせ!」と喝! 新曲「ARROW」誕生秘話/インタビュー

 
GACKT 「オマエが時代を動かせ!」と喝! 新曲「ARROW」誕生秘話/インタビュー

■New Single『ARROW』インタビュー(1/3)

“GACKTISM”が色濃く反映されたメッセージソング

10月7日(水)リリース、46枚目にして2015年第一弾シングルとなる『ARROW』。表題曲は、深遠にしてパワフル、ドラマティックかつ重厚なミドルバラードで、GACKTの誇る超絶的な歌唱技術が余すところなく活かされた力作。それもそのはず、2015年3月からスタートするコンセプト・ライヴツアー『LAST VISUALIVE TOUR』に向けた制作が本格化し、いくつもの曲が生まれては外され、という厳しい選抜作業が繰り返される中、オープニングを担うことに決まった特別な曲なのだという。<美しく散れ>と歌うが、反語的に伝わってくるのは“生きろ”という痛切な叫び。全編を通じ、“GACKTISM”と本人が呼ぶところの人生哲学が色濃く反映された、ある種のメッセージソングでもある。矢(ARROW)を放つという表現に重ねた想い、次世代に繋げたい“魂のバトンリレー”について、GACKTが熱く語ってくれた。
(取材・文/大前多恵)

オマエが流れをつくれば周りも流れる、そして時代が動く

――「ARROW」は壮大なスケール感を誇る曲ですね。1曲を聴いたというより、舞台の全幕を観終えたかのような体感があり、様々な感情を味わうことができました。

GACKT:濃いよ(笑)。『LAST VISUALIVE TOUR』がもう目前に迫っているから、今はそれを組み上げるのに必死で……これは、そのうちの1曲。『LAST VISUALIVE』の幕開けとなる代表的な曲だから。「これがオープニングになるのか」と想像しながら聴いてほしい。

あわせて読みたい

  • GACKT 子どもたちが本気で熱くなれる環境をつくってあげないと、夢がない/インタビュー

    GACKT 子どもたちが本気で熱くなれる環境をつくってあげないと、夢がない/インタビュー

  • GACKT 豪華DJ陣によるリミックス・アルバム完成  「好きなようにやってくれ!」/インタビュー1

    GACKT 豪華DJ陣によるリミックス・アルバム完成 「好きなようにやってくれ!」/インタビュー1

  • GACKT 豪華DJ陣によるリミックス・アルバム完成  「好きなようにやってくれ!」/インタビュー2

    GACKT 豪華DJ陣によるリミックス・アルバム完成 「好きなようにやってくれ!」/インタビュー2

  • エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2015年10月4日の音楽記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース