ドレスコード“ディズニー”の幕張2日目、暗黒女王“マレフィセント”HYDEの大迫力!

       
ニュー・アルバム『BLOODSUCKERS』収録のサイバーメタル・ナンバー「EVIL」が始まると、HYDEは悠然とランウェイを歩き始める。両手を広げてレースの美しい透かし模様を露わにしながら、ランウェイ中央に辿り着いてステッキを持った手を下ろすと、いくつもの炎に取り囲まれながら歌唱。サビで「God is me!」と声を張り上げる箇所で勢いよく炎が噴き出た場面の説得力たるや…! 最後の咆哮には大拍手が鳴り響いて、会場は興奮状態に包まれた。

続けて、「HUNTING」ではギターを肩から掛けて、「かわい子ちゃんたち、食っちゃっていいかな?」と脅かしながらパフォーマンスし、K.A.Zは長い髪を顔にまとわりつかせながらギターを掻き鳴らす。HYDEがブレイクで首を傾げて舌を出し、「Where' s my Lamb?」と尋ねてニヤリとする場面が大写しになると歓喜の声が飛び交った。両性具有的な魅力を振り巻くHYDEと、脚を高く上げたりクルクルと回ったりと、アグレッシヴで男性的なタフさを見せるK.A.Z。ハロウィン仮装の魔力をひしひしと実感する瞬間が次から次へと訪れた。

「AHEAD」「ANGEL TRIP」で明るく爽快な空気を一気に解き放った後は、HYDEとK.A.Zがそれぞれのカートに乗って客席間の通路を移動、互いに接近しては行き交い、また遠ざかりながら「TROUBLE」を歌い奏で、観客との一体感を高めた。メインステージに戻ると、くぐもった水音のようなシンセサウンドが響いた後、「VAMPIRE’S LOVE」のピアノイントロが鳴り始めた。スポットライトに射られながら、胸元に一輪のバラを持って歌うHYDE。インカムを用い、ギターもマイクも持たずに歌うことで、自由になった手が心の動きを雄弁に物語り、深くその歌の世界に引き込まれてしまった。

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年10月18日の音楽記事

キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。