review

中日ドラゴンズの悲壮感あるある。だがまったく希望がないわけではない

       
今週末には日本シリーズが始まるが、各球団では来季に向けて指導陣の交代などがぼちぼち進められている。きのうは巨人の原辰徳監督の退任が正式に発表され、横浜DeNAは中畑清監督に代わりラミレスが新監督に就任することになった。

わが中日ドラゴンズも昨日、谷繁元信監督が白井文吾オーナーにシーズン終了の報告を行なった。その冒頭、谷繁監督から成績不振をわびる発言があったとか(「日刊スポーツ」10月19日付
中日ドラゴンズの悲壮感あるある。だがまったく希望がないわけではない
『中日ドラゴンズあるある3』(大山くまお著・河合じゅんじ画、TOブックス)。巻末にはドラゴンズOBの小田幸平のインタビューを収録、谷繁監督や山本昌の裏話も色々と明かされている

今季のセリーグは混セといわれるほど各チームの順位が乱高下したが、ドラゴンズはそこからいつのまにか離脱、結局5位に終わった。一昨年と昨年は4位と、3年連続のBクラスはじつに45年ぶりらしい。45年前のドラゴンズといえば、水原茂監督の時代だ。当時の人気マンガ『巨人の星』で、星一徹コーチが米メジャーリーグの強打者オズマを招聘し、巨人のエースである息子・飛雄馬を打倒しようとしていたころだから、そうとうな昔である。逆にいえば、これほど長きにわたって成績が低迷することは、いままでドラゴンズにはあまりなかったというわけだが。

チーム低迷の時期だからこそ「あるある」を!?


さて、ここへ来て『ドラゴンズあるある3』(大山くまお著・河合じゅんじ画)という本が出た。これは2013年1月に出たパート1、同年8月に出たパート2に続く第3弾である。チームがこんな状態なのによく出たなと思う一方で、こんな時期だからこそ「あるある」で現実を見つめ、来季へつなげようという著者の心意気も感じた。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年10月20日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。