review

社長が主役のドラマは視聴率が伸びないはずだが 「下町ロケット」好調の秘密

ドラマ『下町ロケット』(TBS系列)が好調である。始まって2週目にして『相棒』(テレビ朝日系)の視聴率を抜き、8日に放送された第4話は17.1%を記録。ドラマ部門では朝ドラ『あさが来た』(NHK)に次いで2位につけている(ビデオリサーチ調べ・関東地区。以下同)

『下町ロケット』の主人公は、佃製作所の社長・佃航平(阿部寛)。
ところが、佐藤智恵『テレビの秘密』(新潮新書)によれば、本来は「社長を主人公にしたドラマは、残念ながら高視聴率が望めない(P.17)」というのだ。
社長が主役のドラマは視聴率が伸びないはずだが 「下町ロケット」好調の秘密
佐藤智恵『テレビの秘密』(新潮新書)

社長が主役のドラマは視聴率が伸びない理由


『テレビの秘密』の著者は、NHKや外資系テレビ局を経験し、編成や経営まで関わった人物。ドラマやバラエティ番組を「視聴率」や「編成」の観点で分析する一冊になっている。

第1章「ヒットの鍵は設定が握る」では、『半沢直樹』と『ルーズヴェルト・ゲーム』を比較する。
どちらもTBS系列・池井戸潤原作・同じ製作スタッフのドラマ。「倍返しだ」が流行語になった『半沢直樹』。その9か月後に「第2の半沢」を期待された『ルーズヴェルト・ゲーム』。視聴率はどうだったかといえば、『半沢直樹』が最終回に42.2%を記録する大ヒットとなったのに対し、『ルーズヴェルト・ゲーム』の平均視聴率は14.5%にとどまった。

同じ枠・同じテイストのドラマなのに、どうしてここまで差がついたのか?その決定的な差は「主人公の職位」にあるという。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース