bit

秒速でみそ汁つくれると話題の「みそまる」 見た目はまるでトリュフチョコ

本格的な冬が近づき、温かい汁物がうれしい今日この頃。「秒速でみそ汁ができる!」と話題の「みそまる」が、11月中旬に、二見書房と宝島社よりついに書籍化した。

一見、トリュフチョコ?と見まごうカラフルな見た目の「みそまる」だが、ようは手づくりの即席味噌汁のもと。好みの配合でだし粉、味噌、具材を直径3cmほどに丸めてつくり置きしておくことで、朝ごはん、お弁当、アウトドアなどに重宝するほか、お鍋や炊き込みごはんなど、家でつくるごはんの調味料としても便利なのだとか。

秒速でみそ汁つくれると話題の「みそまる」 見た目はまるでトリュフチョコ
基本に忠実に構成したという、宝島社版「みそまる」。


みそ汁の何が面倒かといえば、やはり出汁をとること。「みそまる」では市販の顆粒だしを使う方法のほか、昆布や削りがつお、いりこ等を粉末状にする「天然だし粉の作り方」も提案。
また、具材については市販のわかめや切り干し大根といった乾燥野菜のほか、自宅でつくった干し野菜などを取り入れても。材料を自分で把握できるので安心感があるうえ、好みの味噌の配合と具が楽しめる、鍋を洗ったりする手間もない、といいことづくめなのだ。

秒速でみそ汁つくれると話題の「みそまる」 見た目はまるでトリュフチョコ
風邪ひいたかな?と思ったときによさそうな、「梅肉のみそまる」掲載のページ。梅肉のほか、しその葉、板麩、白いりごまなどが入っている。


著者の藤本智子さんは現在、「ミソガール」として味噌のすばらしさを普及するべく活動中。「みそまる普及委員会」を主宰し、「ジャパン味噌プレス」という媒体を月1回ペースで発行している。

今回の書籍に込めた思いや、活動のきっかけなどうかがってみたところ、
「私はもともと、これからお母さんになる女性たちの健康を応援する活動に携わっていたのですが、あるとき、渡邉敦光先生の『味噌力』という本に出合ったことで、味噌ってこんなにすごいものなんだ!と感銘を受けて。どうやったら、女性たちにもっと手軽にお味噌汁を飲んでもらえるだろうか、と考え始めたことがきっかけとなりました」とのこと。

あわせて読みたい

  • 味噌汁に合わない"具"はあるのか?

    味噌汁に合わない"具"はあるのか?

  • “みそ汁最中”をいただきました

    “みそ汁最中”をいただきました

  • サバ水煮を異常なまでに消費する海なし県・長野県

    サバ水煮を異常なまでに消費する海なし県・長野県

  • コネタの記事をもっと見る 2015年11月24日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース