review

めちゃくちゃな恋愛をしている女優も少なくないから。映画「愛を語れば変態ですか」福原充則監督に聞く

11/28公開の映画『愛を語れば変態ですか』。インパクトのあるタイトルで監督デビューを果たしたのは劇作家・演出家の福原充則だ。大劇場の作・演出を務めたかと思えば何もない野原につくった特設の劇場で公演も行う。ふつうの人々のなかにある真理を切れ味鋭いセリフによって描く。先週放送された『視覚探偵・日暮旅人』(日本テレビ)や現在放送中のコント番組『SICKS』(テレビ東京系、毎週金曜0:52~)でも脚本を手がけている彼が、長年の夢であった映画に挑み、いったいどのような作品をつくりあげたのか。
めちゃくちゃな恋愛をしている女優も少なくないから。映画「愛を語れば変態ですか」福原充則監督に聞く
「愛を語れば変態ですか」11/28より新宿ピカデリーほか全国で上映

女優に興味がなかった演出家が、女優を美しく撮りたいと思うまで


──『愛を語れば変態ですか』はどういう経緯で撮ることになったんでしょう?
「プロデューサーが僕の芝居を見に来て、声をかけてくださったんです。僕はもともと映画監督になりたかった人間なので、『わーい!』と(笑)」
──原作は、福原さんがかつて上演された芝居なんですよね。
「そうです。昔、3回ほど作・演を依頼されてやったマンションマンションという劇団の作品です。1本目だし、自分でもどういう話かわかっているほうがやりやすいかなと僕から提案しました。これまで手がけた作品はむちゃくちゃなものも多いんですが、これだったらギリギリ映像化できるかなと」
──(笑)。「映像化できる」と思ったポイントはどこだったんですか?
「とにかく女優さんをきれいに、魅力的に撮りたかったんですよ。じつはこれまでは、女優というものにまったく興味がなかった。主宰しているピチチ5(クインテッド)という劇団でも、毎回女優は1人しか呼ばないという方針でずっとやってきました」

あわせて読みたい

  • 下町ロケットでまたイラストを描いた

    下町ロケットでまたイラストを描いた

  • 矢作「しょーもない記事クリックした」

    矢作「しょーもない記事クリックした」

  • レビューの記事をもっと見る 2015年11月27日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース