チャン・グンソク 2015年ラストライブでツアーで3万2千人を動員

チャン・グンソクが11月28日・29日の2日間、幕張メッセで『JANG KEUN SUK LIVE IN JAPAN 2015』を開催。2015年のラストライブとなる本公演は大阪と幕張の4公演でおよそ3万2千人を動員。最終日の29日公演は全国57箇所の映画館でライブビューイングも行われ、大成功のうちに今年の公演を締めくくった。

今回の公演は9月にソウルで開催された『LIVE IN SEOUL』をベースに、ファンの熱い期待に応える形で10月の上海公演に続いて開催されたもの。これまでライブではあまり歌われなかった韓国での主演ドラマのOST(挿入歌)を数多く取り入れたセットリストをさらに日本のファンのために一部再構成された。

オープニングでメインステージ奥のポップアップからチャン・グンソクが登場すると、公演への期待のこもった割れんばかりの大歓声。その熱気をさらにヒートアップさせるかのように、バンドの力強い演奏をバックに「お願い、My bus!」で公演はスタート。

途中MCをはさみながら、「相変わらず」「どうしよう」「聞こえますか」などこれまで自身のライブではあまり歌うことのなかった楽曲を披露。楽曲それぞれに思い入れがあるのはファンだけでなく、チャン・グンソク自身も同様で、1曲1曲に対する想いを確認するかのように大切に歌っていた。

バラードはしっとりと、テンポ感のあるものは弾けるような笑顔で全19曲を熱唱。公演の終盤に映像で流れたメッセージそのままに“今、この瞬間を精一杯生きる”姿が印象的であった。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク