グッドモーニングアメリカ 初の日本武道館公演で示した未来へのスパイラル/レポート
撮影/佐藤広理

■グッドモーニングアメリカ/【挑戦 第七夜】ライブレポート
2015.11.27(FRI) at 日本武道館
(※画像21点)

「今夜、ミラクルが起こる気がする!」(たなしん、新体操のコスチュームで)

グッドモーニングアメリカが11月27日に行なった初の日本武道館公演『挑戦 第七夜』。このライブタイトルは、バンドが2009年11月に地元の八王子のライブハウスで毎週日曜日に主催した5週に渡る自主企画イベント『挑戦 2009』に由来している。当時、イベント主催は無謀だと言われながらも、バンドとして壁を乗り越えたい気持ちから企画したものだった。結果は100%満足とはいなかったが、しかし、その悔しさはバンド感への高さにつながり、ライブの完成度も高めることにもなった。その5年半後の2015年6月、グドモは地元での初ホールワンマン『挑戦 第六夜』を成功させ、あれからちょうど6年後の11月、日本武道館のステージを迎えた。

グッドモーニングアメリカ 初の日本武道館公演で示した未来へのスパイラル/レポート
撮影/佐藤広理

グッドモーニングアメリカ 初の日本武道館公演で示した未来へのスパイラル/レポート
撮影/佐藤広理

グッドモーニングアメリカ 初の日本武道館公演で示した未来へのスパイラル/レポート
撮影/佐藤広理

グッドモーニングアメリカ 初の日本武道館公演で示した未来へのスパイラル/レポート
撮影/佐藤広理

初ホールワンマンとは違って、武道館ではのっけからベースのたなしんの独壇場。ドラゴンボールでもおなじみの声優、野沢雅子との影アナ芝居に始まり、新体操のコスチュームでリボンをクルクル回しながら客席から登場だ。そのままステージへ上がったと思えばバク転も。練習では失敗ばかりだったが、本番で初めてバク転が成功したことにたなしんは大興奮。

「今夜、ミラクルが起こる気がする!」

その言葉に今度はファンが大興奮だ。武道館ライブ開催を発表以降、遊び心ある“みんなで作ろうグドモ武道館”企画をメンバーと共に実践してきた仲間でもある。共通の思いが大歓声にもなり武道館を揺るがす。その声を全身で浴びながら金廣真悟(Vo, Gt)、渡邊幸一(Gt, Cho)、ペギ(Dr, Cho)も登場。「拝啓、ツラツストラ」からプレイがスタートした。