bit

「組み立て式」家具に注意! 引越し業者に運んでもらえないことも (PR)

値段が手ごろなうえにデザイン性が高いことから、組み立て式の家具が人気だ。北欧デザインのベッドや本棚なども、組み立て式なら近ごろは簡単に手に入れられるようになった。

だが引越しを今後考えているなら注意が必要。せっかく買っても泣く泣く捨てる羽目になることもあるからだ。こうしたタイプは一度解体すると再度組み立てるのが難しいため、運ぶのをNGにしている引越し業者も少なくないという。

海外ブランド家具、日本の引越しには未対応!?


「組み立て式」家具に注意! 引越し業者に運んでもらえないことも (PR)

世界展開しているブランドの組み立て式家具は、日本の引越しを前提にデザインされているわけではない。海外では、一度設置したら運ぶことは稀で、仮に引越しをするにしても解体せずに丸ごと移動させる。しかし、出入り口が窮屈な日本の家だとそうもいかない。
たとえば、新居の契約を済ませ、あとは移るだけというタイミングで「このベッドは運べないですね」と業者に断られてしまうというケースがあるのだ。

引越し業者が運送を断る理由は?


引越し業者が運送を断る理由として、大きく2つの理由が挙げられる。

1つ目は、解体しないと玄関を通れないこと。購入時はパーツで届き、室内で組み立てを行うため問題はないが、組み立ててしまった家具は、そのままだと玄関を通れなかったり、マンションのエレベーターに乗せられなかったりするのだ。

2つ目は、組み立てが難しい場合があること。家具のパーツは、非常に細かいことが多く、限られた時間で無数にある板やネジを取り外し、それを輸送先でまた組み立てるのは労力がかかる。「木ネジ」が使われている家具に至っては、トラブルの原因になることもある。木ネジは組み立てを繰り返すと穴がゆるんでしまい、ふたたび組み立てることが難しいからだ。
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース