review

お金がひとを殺すこともある「あさが来た」69話

朝ドラ「あさが来た」(NHK 月〜土 朝8時〜)12月16日(水)放送。第12週「大阪一のおとうさま」第69話より。原案:古川智映子 脚本:大森美香 演出:西谷真一
お金がひとを殺すこともある「あさが来た」69話
「連続テレビ小説 あさが来た 完全版 ブルーレイBOX1 」[Blu-ray]NHK エンタープライズ

69話はこんな話


サトシこと松造(長塚圭史)とのことを、あさ(波瑠)に語って聞かせる新次郎(玉木宏)は、炭坑で彼の顔を見た時ちょっと嬉しくて、まさか、あんな事故、そして加野屋の一大事にまで発展するとは思いもしなかったと深く後悔の念を滲ませる。
翌日、加野屋のまわりをうろついているあやしい男が目撃される。

新次郎を抱きしめるあさ


新次郎は、いつも飄々として隠し続けてきた深い心の傷を、あさにさらけ出した。
これまで何かあると、新次郎に抱きしめてもらってばかりいたあさが、反対に新次郎を抱きしめる。お母さんになったこともあって、あさがどんどん強くなっているのを感じる場面だ。
玉木宏の瞳の表情が豊か。激しい後悔とか過酷な人生に対する怖れが大きな瞳によく出ている。

新次郎は、子供の時、松造から「わての一家はお金に殺されたんや」となじられていた。お金が人を殺すこともあるのだと語られる69話の前の68話で、政府がいろいろな種類のお金を発行し、迷走している状態を説明しているところが、細かい。

松造が子供の時と同じ強い眼をしていたことを新次郎が語る。初登場の時からずっと、長塚圭史が徹底的に眼つきを鋭くしていたのは、最初から台本に書かれていたことだったのだろうか。

あわせて読みたい

  • 赤ちゃんの名演技「あさが来た」67話

    赤ちゃんの名演技「あさが来た」67話

  • 大活躍の舞台俳優「あさが来た」66話

    大活躍の舞台俳優「あさが来た」66話

  • 名探偵五代友厚登場「あさが来た」65話

    名探偵五代友厚登場「あさが来た」65話

  • 赤ちゃんをと玉木宏「あさが来た」64話

    赤ちゃんをと玉木宏「あさが来た」64話

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2015年12月17日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュース

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュース

    次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュース

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    あさが来た

    あさが来た

    『あさが来た』は幕末から明治、大正の時代に活躍した実業家・広岡浅子をモデルにしたNHK連続テレビ小説。

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら