review

ついに公開「スター・ウォーズ」壮大な物語をざっくりおさらい

いやあ、ついに公開だねえ〜。何が? って『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に決まってるじゃないか! この興奮をいまいち共有できていない方のために、まずは簡単に振り返ってみよう。
ついに公開「スター・ウォーズ」壮大な物語をざっくりおさらい
『スター・ウォーズ学/清水節、柴尾英令』(新潮新書)

『スター・ウォーズ』の第1作目が全米で公開されたのは1977年の5月25日。いまでこそ、ハリウッド映画の大作は世界各国でそれほどの時間差もなく公開されるが、当時はまだそういう状況にはなく、『スター・ウォーズ』が日本で公開されたのは全米公開から約1年も経ったあとの1978年6月24日だった。

配給の20世紀フォックスはこの映画を失敗作だと考え、興行成績については期待していなかったというが、ファンたちからは大変な熱狂で迎えられ、どの劇場にも連日大行列ができた。
その後、作者であるジョージ・ルーカスの構想に従って『帝国の逆襲』(1980年)、『ジェダイの復讐(帰還)』(1983年)、『ファントム・メナス』(1999年)、『クローンの攻撃』(2002年)、『シスの復讐』(2005年)というように、合計6作の続編が作られてきた。

といっても、この公開された順番が物語の時系列通りにはなっていないところが、『スター・ウォーズ』のややこしいところであり、また楽しいところでもある。

前半の三部作のうち『スター・ウォーズ』はエピソード4、『帝国〜』はエピソード5、『ジェダイ〜』はエピソード6で、通称「クラシック・トリロジー」と呼ばれている。一方、後半の三部作は『ファントム〜』がエピソード1で、『クローン〜』がエピソード2で、『シス〜』がエピソード3の「プリクエル・トリロジー」となっている。ややこしいねえ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年12月18日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。