review

出会い系に? ニセ翻訳? 冗談ぽい小説2タイトルが文庫化

刊行形式自体が冗談ぽい小説2タイトルが文庫化された!

いとうせいこうのニセ翻訳小説


いとうせいこう「編」(←ってほんとに書いてある)の架空翻訳『存在しない小説』(2013→講談社文庫Kindle)。
出会い系に? ニセ翻訳? 冗談ぽい小説2タイトルが文庫化

世界の架空作家数名の翻訳アンソロジーという形で、これだけ自由でおもしろいものが書けてしまうということは、日本の小説出版の現状だと、そうでもしないとなかなか小説の「自由」がきかない、ということだったりして。
 
こういう形式にはいろいろ先駆者があるけど、有名なのは小林信彦『ちはやふる奥の細道』(新潮文庫)でしょうか。
出会い系に? ニセ翻訳? 冗談ぽい小説2タイトルが文庫化

ニセ翻訳という着想自体は筒井康隆や清水義範の短篇にもあるので、気になったら探してみてください。

架空の事典というフィクション


いっぽう、セルビアの小説家ミロラド・パヴィチが書いた『ハザール事典』(工藤幸雄訳)は、ユダヤ教・キリスト教・イスラームの3つの一神教文化あいだで揺れ、引き裂かれ、やがて消滅した「ハザール」の国と民族にかんする事典!
……の形をとったフィクションです。
出会い系に? ニセ翻訳? 冗談ぽい小説2タイトルが文庫化

文庫になって買いやすくなった。たくさんの項目からモザイク状に作中世界が立ち上がってくるのがすごい!
そして、なぜこういう断片形式にしたのか考えていくと、中央ヨーロッパのけっこうシビアな現実を思い知らされてしまいます。

出会い系実用本でもある


もっとすごいのは、男性版と女性版はべつに上下巻の関係ではなく、ごく小さな1箇所だけが違っていて、あとは一字一句同じなのだ。

あわせて読みたい

  • いとうせいこう「植物男子ベランダー」

    いとうせいこう「植物男子ベランダー」

  • いとうせいこう『親愛なる』の罠の快楽

    いとうせいこう『親愛なる』の罠の快楽

  • 気になるキーワード

    1. 翻訳 アプリ
    レビューの記事をもっと見る 2015年12月29日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    「翻訳 + アプリ」のおすすめ記事

    「翻訳 + アプリ」のおすすめ記事をもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース