review

立川談志、連続殺人犯、イエスの方舟、東条英機……ビートたけしが演じた実在人物

       
立川談志、連続殺人犯、イエスの方舟、東条英機……ビートたけしが演じた実在人物
『池端俊策 ベスト・シナリオ セレクションII』三一書房。当記事で紹介した「昭和四十六年、大久保清の犯罪」「イエスの方舟」のシナリオを収録。巻末には池端とTBSの八木康夫プロデューサーとの対談もあり)

善悪両方のイメージを持つために犯罪者役に


漫才コンビ「ツービート」の片割れとして1980年のマンザイブームで頭角を現したたけしは、翌81年放送開始のラジオ番組「ビートたけしのオールナイトニッポン」とテレビバラエティ「オレたちひょうきん族」に単独で出演、カリスマ的な人気を集めることになる。

俳優としても81年公開の映画「マノン」(東陽一監督)、82年放送の連続ドラマ「刑事ヨロシク」(TBS系)などに出演しているが、エポックとなったのはやはり83年公開の大島渚監督の映画「戦場のメリークリスマス」だろう。同作での好演は俳優・ビートたけしを広く印象づけるに十分だった。しかし、当のたけしは、劇場に足を運んだ際、自分が出てくる場面で大爆笑が起こったのにショックを受ける。そこで善悪両方のイメージを持つために、悪い役をやらなきゃいけないと思ったという(「東京新聞」2014年1月18日付)。

TBSのドラマ「昭和四十六年、大久保清の犯罪 ~戦後最大の連続女性誘拐殺人事件~」(1983年)で、たけしが実在の殺人犯・大久保清の役に起用されたのはちょうどそんな時期だった。

1971年に起きた事件自体は本当に陰惨でひどい事件である。大久保はベレー帽にルパシカという出で立ちで芸術家を装い、次々と女性に声をかけては自分の車に誘い込んで、そのうち8人を殺害した。ドラマはこの事件のルポルタージュである筑波昭の『昭和四十六年、群馬の春 大久保清の犯罪』(1982年)を原作している。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「立川談志」に関する記事

「立川談志」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「立川談志」の記事

次に読みたい「立川談志」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年12月28日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。