review

硬貨1枚でファッションを楽しむ「ワンコイン古着」の世界

彼の存在を最初に知ったときは、変な古本のコレクターとしてだった。中嶋大介と名乗るその人物のコレクションは、特殊古書店を営んでいるぼくの目から見ても、かなりおかしなものが多い。本人曰く、収集の基準は「おもしろ図版が載ってるか否か、ユーモラスか否か」だそうだ。その成果は『アホアホ本エクスポ』として書籍にもまとめられている。
硬貨1枚でファッションを楽しむ「ワンコイン古着」の世界
『ワンコイン古着/中嶋大介』(本の雑誌社)。青野賢一(BEAMSクリエイティブディレクター)氏との対談も収録。

毎年1000冊ペースで本を買っていた彼が、ここにきてパタリと本を買わなくなった。かわりに何を買っているかというと、服だ。恋でもしたのだろうか? 本の虫だった者が、恋をして外見に気をつかうようになり、お洒落に目覚める。カビ臭いマニア生活からの脱却。そしてリア充へ。

そういうストーリーを勝手に思い描いてみたが、どうも事実はちょっと違うようだ。

中嶋大介氏がこのほど上梓した『ワンコイン古着』は、ワンコイン、すなわち500円以下で人気ブランドの服を楽しんでしまおうという古着のガイドブックだ。なんでも、彼は古着の魅力に目覚めて以来、年間1000着もの服を買っているという。相変わらず過剰な人である。とても親近感を覚える。

しかし、超無名メーカーの量産品ならともかく、ブランド物の服がワンコインで買えるものだろうか。本書の帯には、エルメス、ルイ・ヴィトン、ラルフローレン、バーバリー、アルマーニなどなど、誰もが知ってる人気ブランドの名前があがっているが、これらを本当にすべてワンコインで手に入れたというのか。

あわせて読みたい

  • 古本の売り上げで家賃払えるの? なんとかなるんだよ!『わたしの小さな古本屋』

    古本の売り上げで家賃払えるの? なんとかなるんだよ!『わたしの小さな古本屋』

  • 古本屋に売る本は汚しちゃダメ! いや、もっと汚して!『痕跡本のすすめ』

    古本屋に売る本は汚しちゃダメ! いや、もっと汚して!『痕跡本のすすめ』

  • 男達のものずきメモリアル「せんべろ古本ツアー」のすすめ

    男達のものずきメモリアル「せんべろ古本ツアー」のすすめ

  • 思い付きでやれるもんじゃないんだよ!『女子の古本屋』

    思い付きでやれるもんじゃないんだよ!『女子の古本屋』

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2015年12月30日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース