review

ドラマで姫始め。ストローの袋で男女の営みを表現「富士ファミリー」



ストローの袋でできた男女の人形もそのひとつである。
万助が、ストローのふくろでつくった男女の人形を重ねあわせて、そこにストローでジュースをかけると、
人形がくねくね動き出して、男女の営みのように見える。笑子バアさんは大興奮。これが、また、別のシーンでもうまく使われていた。
ストローの袋にジュースかけて遊ぶことは誰でもやったことがあるものだけれど、ドラマでここまで重要な役割を与える木皿泉は偉大だ。

事前の番宣番組で、誰の心にもその人の思う富士山や家族がある、というようなことを、木皿泉(夫婦作家の妻・妻鹿年季子)が語っていたが、このドラマのひとりひとりの生き方を、優しく、あたたかく、ユーモラスに、ひたすら肯定的に描く木皿泉の包容力こそ、富士山である。

オンデマンドでも配信するようなので、見逃した方はぜひ。
(木俣冬)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2016年1月3日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース