review

あさと新次郎ドキドキの歴史「あさが来た」84話

朝ドラ「あさが来た」(NHK 月〜土 朝8時〜)1月9日(土)放送。第14週「新春、恋心のゆくえ」第84話より。原案:古川智映子 脚本:大森美香 演出:新田真三
あさと新次郎ドキドキの歴史「あさが来た」84話
イラスト/小西りえこ

84話はこんな話


亀助(三宅弘城)とふゆ(清原果耶)が祝言をあげる。ふたりの幸せを喜びながら、あさ(波瑠)と新次郎(玉木宏)は自分たちが出会った頃を思い出し、
お互い、初めてのドキドキの相手であると認識を新たにする。

あさと新次郎のドキドキの歴史を振り返る


のろけかよ!

6回に渡って描かれてきた、ふゆと亀助の健気な恋の物語が、結果的には、あさと新次郎のラブラブの歴史の振り返りだったとは、やられた。

あさと新次郎は、
祝言の日、新次郎が紅葉狩りに行ったこと(12話)

祝言の夜、あさが新次郎を投げ飛ばしたこと(13話)

これらをなつかしく思い出し、

お姫様抱っこ(17話)

やっぱり妾はもらわないでと懇願(35話)。

などの名シーンは飛ばして、
最初のドキドキーー新次郎があさにパチパチはんをくれたこと(5話)

を振り返って互いに感慨にふけった。

あさ「はじめての思い人は、旦那さまやったんやな」
新次郎「わてもだす。なんべんあさに惚れ直していることか」
あさ「うちもだす」
あさ、新次郎の肩にもたれる。
新次郎、そっとあさの肩を抱く。

翌朝、九州に行くことにした亀助とふゆが旅支度中、手が触れて、ドキ。
ふゆがぎゅっと亀助の手を握り、見つめ合うふたり。

すべてがまるく収まったところで、気づいたことがある。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

あさが来た

あさが来た

『あさが来た』は幕末から明治、大正の時代に活躍した実業家・広岡浅子をモデルにしたNHK連続テレビ小説。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース