bit

大河ドラマ『真田丸』第一話 歴史オタ絶賛の内容だった!


細かな『真田丸』の演出は、ゲーム「信長の野望」の協力を受けて実現したCGマップでも見られる。これは予想以上に「信長の野望」そのままのことでも話題になっていたもの。
ドラマ内ではCGマップを使い、徳川家や上杉家、武田家などの勢力を説明していたのだが、1581年から6年間にわたって新発田重家が上杉家に反旗を翻したことを反映し、上杉家の領土が飛び地になっていた。
このような細やかな部分にもしっかりと目を向け、演出に反映させるのが今回の大河ドラマの最大の特徴といっても過言ではない。

【二度汁に爪噛み 武将たちのエピソード】


また、天下に名高い武将たちを紹介する際も、戦国好きなら一度は聞いたことはあるエピソードをドラマ内で再現していた。

まずは北条氏政。ある時、ご飯に汁を2度もかけて食べたことで「毎日食事をしているのに、飯にかける汁の量も分からないとは。北条家もわしの代で終わりか」と父に嘆かれたエピソードがある。
これを受けてか、『真田丸』でも高嶋政伸演じる北条氏政が汁かけ飯を食べるシーンがあった。

そしてお次は徳川家康。彼は爪を噛む癖があったといわれており、これについてもドラマ内で忠実に再現されていた。

【美しく散った武田勝頼の悲哀】


そして第一話の肝だったのが、裏切りなどが相次いだ武田家が滅亡へと向かうこと。
滅亡時、武田の当主は武田勝頼であった。そのため、勝頼は先代が武田信玄だったにもかかわらず、武田を滅亡させた人物として愚将として描かれることがこれまで多数。

しかし今回の『真田丸』では美しく、それでいて悲哀に満ちて散っていく勝頼の姿がそこにあった。ここまで勝頼を美しく描いたドラマは今までになく、その勝頼の姿は多くの歴史好きの涙を誘っている。

この他にも第一話には、後々への布石となるようなシーンがいくつかあるなど、かなり見ごたえのある内容であった。土曜日にはNHK総合テレビジョンにて再放送もされるので、見逃した方はぜひチェックしてみてはいかがだろうか。
(さのゆう)
画像:「真田丸 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) 」より

あわせて読みたい

  • 教科書は間違い 保守的だった信長

    教科書は間違い 保守的だった信長

  • 黒田官兵衛 ドラマと史実の違いは

    黒田官兵衛 ドラマと史実の違いは

  • 名君・徳川吉宗は経済オンチなのか

    名君・徳川吉宗は経済オンチなのか

  • 水戸黄門は明治の着こなし!? 帯の秘密

    水戸黄門は明治の着こなし!? 帯の秘密

  • コネタの記事をもっと見る 2016年1月12日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース