review

芥川賞候補作から受賞作を予想 現代日本文学は「死者と主体」を描く 

       
ライター・編集者の飯田一史さんとSF・文芸評論家の藤田直哉さんの対談。前編記事に続いて「第154回芥川龍之介賞」の受賞作を予想していきます。

身体と歴史――松波太郎「ホモサピエンスの瞬間」


藤田 松波太郎「ホモサピエンスの瞬間」行きますか。これは、マッサージの話ですね。揉んでいるうちに、揉んでいる人と揉まれている人の記憶や主体が混濁して身体を通じて何かが伝達されたのか歴史的記憶なのか妄想なんだかわからない世界が展開する。文体のリズムがよくて――身体的で、ユーモラスで、完成度が高い一品です。
 記憶なのかなんなのか曖昧な世界では、第二次世界大戦か何かの「戦争」が起きていて、そこで引き金を引いてしまう理由が、身体の物理的な凝りでしかない――という、悲劇の引き金の即物性が、本作の現代への批評性でしょうか。

飯田 いちおう患者とやりとりする医者の視点から断章形式で進んでいくんだけど、なぜか施術をされているおじいちゃん側の記憶が流れ込んできて盧溝橋事件がどうたらとか言い出すサイコメトリー小説w

藤田 西洋医学vs東洋医学、の基本的な考え方の違いの話もありますよね。東洋医学的な考えを一挙に捨てたことが、悲劇を招いたと言っています。それは、第二次世界大戦に至るまでの日本の近代=西洋化の経緯と重ねているんですよね、多分。

飯田 松波さんはフレーズの奇妙な反復をよく使う作家ですが、今回は心臓をはじめとする生物/医学ネタですから反復・循環もマッチしていた。もっとも、好き嫌いが分かれる、読むひとを選ぶ書き方ではあるけど。血液の比喩も使っているし、「ホモサピエンスの瞬間」じゃなくて「ホモサピエンスの循環」という感じで長編にしたものを読んでみたい。膨らませたほうがおもしろそうな着想。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「芥川賞」に関する記事

「芥川賞」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「芥川賞」の記事

次に読みたい「芥川賞」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年1月16日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 芥川賞 高橋弘希

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。