review

SMAP解散騒動を労働問題で考える。83年前の“アイドル”たちの闘いに学ぶこと

今年に入ってにわかに報じられたSMAPの解散騒動は、先週月曜の「SMAP×SMAP」でのメンバーの“謝罪”生放送によって収拾するどころか、さまざまな議論を呼ぶことになった。そのなかには労働問題とからめて論じる向きも目につく。

そうした議論を見ていて、私は昔むかしのあるできごとを思い出した。それは戦前に人気を集めた松竹少女歌劇の踊り子、いわゆるレビューガールたちが親会社の松竹に待遇改善を求めて起こしたストライキだ。松竹少女歌劇は戦前にあって宝塚歌劇と人気を二分した。いまでいえばアイドルグループに相当する存在だ。

ストライキのリーダーは18歳!


1933(昭和8)年6月16日、東京・浅草松竹座附属の松竹少女歌劇部員、約230人がストライキに入った。争議委員長を務めたのは「ターキー」の愛称で人気を集めていた水の江瀧子。当時18歳の水の江をはじめ、結集したレビューガールの大半は10代だった。
中山千夏『タアキイ―水の江瀧子伝―』(新潮社)。生前の水の江に取材した評伝。本記事ではこのほか『水の江瀧子 ひまわり婆っちゃま』(日本図書センター)、『昭和 二万日の全記録 第3巻』(講談社)を参考にした

事の発端は、松竹座の音楽部員(楽士)による争議だった。音楽部は自分たちだけでは微力であると考え、歌劇部にも合流を呼びかけたのだ。合流した音楽部と歌劇部は6月14日、「待遇改善嘆願書」を当時の松竹専務・城戸四郎(戦後、社長を務める)に提出する。

嘆願書には、「退職手当の支給」「本人の意志によらない転勤をしないこと」「最低賃金制の制定」「定期昇給の実施」「公傷治療費の会社負担」「衛生設備・休憩室の改造および楽屋清潔」「公休日・月給日制定」などが提示されていた。いまから見れば、どれも働く前提としてあってしかるべきものだ。しかし当時のレビューガールたちはそれを無視した環境のなかで、会社に強いられるがまま公演につぐ公演、練習につぐ練習をこなしていたのである。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「SMAP×SMAP」に関する記事

「SMAP×SMAP」に関する記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク