review

安田顕はどう演じるか『俳優 亀岡拓次』

本日(2016年1/30)から全国公開される映画『俳優 亀岡拓次』(監督:横浜聡子、主演:安田顕)
安田顕はどう演じるか『俳優 亀岡拓次』
戌井昭人『俳優・亀岡拓次』(文春文庫)

戌井昭人による原作小説『俳優・亀岡拓次』(以下、『亀岡』)は昨年末に文庫化され、『のろい男 俳優・亀岡拓次』(以下、『のろい男』)という続編も同タイミングで刊行された。

撮られて、歩いて、酒を飲む


主人公・亀岡拓次は、映画俳優である。職業柄、撮影のために全国を旅する。1作目も2作目も、彼が撮影で向かった地での出来事を描く。

亀岡とはどんな人物か。

37歳(『亀岡』での設定。3年後に書かれた『のろい男』では40歳になっている)、髪の毛は天然パーマ、頭部が少し薄い。未婚・恋人なし。趣味はバイクでのツーリングと酒。

いわゆる脇役俳優であるため、世間での認知度は「どこかで見たことがあるような……」という程度である。しかし、味のある演技をするため、監督やプロデューサーの覚えがよく、仕事は尽きない。海外でもカルト的な人気を誇り、時折海の向こうからも出演オファーがある。演じる役は、下着泥棒、保育園の用務員、落武者に殺し屋と多岐に渡る。

そんな亀岡の日常は、主に「撮影」「ブラブラする」「酒を飲む」で構成されている。けっして派手なものではない。だが、場所も変われば日常も変わり、出演する映画が変われば現場の様子も変わるもの。出会いもあれば、トラブルだってある。

気になる居酒屋の女性に紙オムツを穿いて会いに行ったり、キスシーンの撮影で興奮して、相手のスカートに手を突っ込みそうになったり、ピリピリする現場を和ませようと、近所の山に山菜を採りに行き遭難しかけたり、ちょんの間で泣きながら婆さんのおっぱいを吸うことになったり、イヤミな衣装チーフの持つバッグに印刷された「MHL.」(ブランド名)という文字を見て

あわせて読みたい

  • 「下町ロケット」佃VS帝国の対決の行方

    「下町ロケット」佃VS帝国の対決の行方

  • 特許バトルを解説「下町ロケット」今夜

    特許バトルを解説「下町ロケット」今夜

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2016年1月30日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。