review

安田顕はどう演じるか『俳優 亀岡拓次』

「やはり衣装のおばさんだけあって、身体のサイズを示しているのだろうか? でも真ん中の『H』ってなんだろう、細いってことだろうか?」と考えたり、めったに出ることのないテレビドラマの現場では、イカれたテンションのプロデューサーによる狂気の場面に出くわしたり……。

優れた人間観察眼から生まれる「味わい」


こうした「波乱万丈」というにはいささか地味かもしれない、脱力系エピソードが光るのは、亀岡のちょっぴり情けなくも愛らしいキャラクター、つまり「人の魅力」があってこそ。そして、それは亀岡だけにとどまらない。彼と、彼と交流するさまざまな人々が持つ「味わい」こそが、この小説を駆動しているのである。

著者の戌井昭人は、芥川賞候補作『まずいスープ』(新潮文庫)では自身の父親をモデルにし、浅草を舞台にした人情小説『松竹梅』(リトルモア)執筆時にはじっさいに浅草に住むなど、これまでも実体験を小説に反映させてきた。戌井の描く人間の魅力は、彼の持つ優れた人間観察眼によるものだと筆者は考えている。

『のろい男』に、過去に書かれたエッセイにも登場する「箸で食パンを食べる競輪場の老人」が再び出てきたり、亀岡の家が、戌井の実家のある京王線沿線だったりすることなどから、どうしても亀岡と戌井が重なって見える。もし「亀岡=戌井」だとするならば、『亀岡』 『のろい男』の魅力的な登場人物にも実在のモデルがいるのではないかーー? つい、そんなことを想像しながら読んでしまうのであった。
安田顕はどう演じるか『俳優 亀岡拓次』
戌井昭人『のろい男 俳優・亀岡拓次』(文藝春秋)

そんなわけで、気になるのは、俳優が原作の個性的なキャラクターをどう演じるかだ。
特に、主演の安田顕が、亀岡の情けなさとチャーミングさをどれだけ我が物にできるかは、ひじょうに楽しみである。
(辻本力)
安田顕はどう演じるか『俳優 亀岡拓次』
戌井昭人『俳優・亀岡拓次』(文春文庫)

あわせて読みたい

  • 「下町ロケット」佃VS帝国の対決の行方

    「下町ロケット」佃VS帝国の対決の行方

  • 特許バトルを解説「下町ロケット」今夜

    特許バトルを解説「下町ロケット」今夜

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2016年1月30日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。