review

清掃バイトから「億万長者」の作家へ。橘玲に聞く

アマゾンが古書との併売をはじめたとき、出版社や書店は反対したけど、その流れは止められなかった。いまは本がすぐに絶版になってしまうのでブックオフのような業態が出てくるのは当然だし、消費者にとって便利なようにシステムが変わっていくのは当たり前のことです。電子書籍の実験を見ると、価格を固定する再販制が著者や出版社、書店の利益になっているか疑問ですね。
──紙の本がなくなることはないですが、電子書籍に移行する流れは止まらない。
 出版社にとっては難しいところですよね。すべてが電子書籍になれば、著者が個人でフリーの編集者と優秀な校正者を雇って、装丁を鈴木成一さんに頼めば、本はできるってことになっちゃいますから。
──鈴木成一さん(つまり、ものすごく才能のあるブックデザイナー)は絶対に確保したいですね!
 それでアマゾンで直販すれば、印税率はずっと高いし、宣伝も著者本人がブログやTwitterでやればいい。念のために言っておくと、僕は出版業界に育ててもらったという恩義を感じているので、そういうことをするつもりはありませんけど(笑)。
清掃バイトから「億万長者」の作家へ。橘玲に聞く
覆面作家の橘玲さん。かわいい似顔絵アイコンですが、実際の橘さんは・・・ナイショです。

清掃バイトから「億万長者」の作家へ


──『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 知的人生設計のすすめ』は、2002年に刊行されてベストセラーになった旧版の全面改訂版なんですが、加筆されたプロローグには、橘さんの個人史が書かれていて「おおっ」と思いました。編集者をしていた1995年に、日本中を騒がす大事件と個人的な心境の変化が重なって、会社をやめて独立したと。

あわせて読みたい

  • 勝間和代では無理!?『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』

    勝間和代では無理!?『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2016年2月2日のレビュー記事
    「清掃バイトから「億万長者」の作家へ。橘玲に聞く」の みんなの反応 1
    • 匿名さん 通報

      「なんてラディカルなことを言う人なんだろうと感動していました。」机上の空論。言うは易く行うは難し。小銭稼ぎの売文屋だろう。

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース