BUMP OF CHICKEN バンド史上初のスタジアムツアーも開催/インタビュー

 
BUMP OF CHICKEN バンド史上初のスタジアムツアーも開催/インタビュー

■BUMP OF CHICKEN/New Album『Butterflies』インタビュー(2/2)

――インタビュー1より

いちドラマーとしてのチャレンジも多かった

――では、ニュー・アルバム『Butterflies』の話をしましょう。前作『RAY』から1年11ヶ月というBUMP OF CHICKENにとっては非常に短いインターバルでニュー・アルバムを完成させたことに驚きました。

藤原:スタジオを押さえて曲作りをするというのは、僕にとって非常に画期的なスタイルだったし、性に合ってたんでしょうね。スタジオに行くと必ず何か生まれるんです。その日の記録として録ってみようとなる。自分でギターを弾いて歌いながら曲になるかもしれないその断片を客観的に理解していく作業はずっとやってきたんですけど、それを一回記録して、スピーカーから出てくる音と自分のプレイを聴くことでわかることって結構あるんですよね。そうなってくると、今度は家でも曲が書けたりするんですよ。『Butterflies』もそうやってスタジオに行って曲を書いて、デモをレコーディングして、アレンジを詰めて、完成した曲をまたレコーディングしてという流れのなかで、アルバムをリリースできるだけの曲が集まっていったんです。

――「You were here」、「ファイター」、「パレード」、「Hello,world!」、「コロニー」という既発曲を含む全11曲。近年のBUMP OF CHICKENがクリエイトする楽曲のスケール感。その広大なダイナミズムを生む生音とプログラミングが等しく交わり、融和するサウンド。そして、揺るぎない生命賛歌としての歌の求心力を象徴的に形象化した「GO」で本作は幕を開けます。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク