「この経験は、綱取りにも生きてくると思います。冷静になるために必要なのは、ひとつひとつのルーティン。こうしていろんな経験を積むことが、本場所にも活かせるんじゃないかな、と」。

初場所において日本出身力士として10年ぶりの優勝を果たし、三月場所で綱取りを目指す大関・琴奨菊。綱取りを前に「妻取り」にも成功し、先日、豪華披露宴を挙げたばかり。今、日本のアスリートでもっとも「心技体」が充実した男、といっても過言ではない。

そんな大関・琴奨菊が「心」の勝負に挑戦! TBS系「炎の体育会TV」で、メンタリストDaiGoとの心理ゲームに臨み、冒頭コメントに結びつく名勝負が演じられた。
琴バウワー効果は?  琴奨菊vs.メンタリストDaiGo究極の心理戦
今、もっとも乗りに乗っている大関・琴奨菊が心理ゲームに挑戦!

大相撲界きっての「メンタリスト力士」琴奨菊


対戦方法は「炎の体育会TV」の名物心理勝負「ファイブカード」。
ルールは簡単。1~5の数字が書かれた5枚のカードから琴奨菊が1枚を選び、DaiGoがそれを当てる、というもの。2回戦行い、1回でもDaiGoを騙すことができれば琴奨菊の勝利。ご褒美として、大好物のお米(超高級米)がプレゼントされる。

ただこの「ファイブカード」、これまでにvs.錦織圭(テニス)、vs.山田哲人(野球)、vs.上原浩治(野球)と3回対戦があり、その全てでDaiGoが勝利を収めてきた。

DaiGoが次々と投げかける質問・誘導に惑わされず、心理状態を悟られないことが勝利への絶対条件となる。
琴バウワー効果は?  琴奨菊vs.メンタリストDaiGo究極の心理戦
力士との心理戦は初体験、というDaiGo

実は琴奨菊、パフォーマンス向上のために4年ほど前から心理学の本を読むようになり、さらには専門家にも師事して独自のメンタルトレーニングを積んでいた、という大相撲界きっての「メンタリスト力士」。その成果が実っての初場所優勝だったわけだ。

この記事の画像

「琴バウワー効果は?  琴奨菊vs.メンタリストDaiGo究極の心理戦」の画像1 「琴バウワー効果は?  琴奨菊vs.メンタリストDaiGo究極の心理戦」の画像2 「琴バウワー効果は?  琴奨菊vs.メンタリストDaiGo究極の心理戦」の画像3 「琴バウワー効果は?  琴奨菊vs.メンタリストDaiGo究極の心理戦」の画像4
「琴バウワー効果は?  琴奨菊vs.メンタリストDaiGo究極の心理戦」の画像5 「琴バウワー効果は?  琴奨菊vs.メンタリストDaiGo究極の心理戦」の画像6