90s

岡村靖幸はなぜ寡作になったのか? 11年半ぶりに新作を発表した現在までの足跡

岡村靖幸はなぜ寡作になったのか? 11年半ぶりに新作を発表した現在までの足跡
今年の1月26日、岡村靖幸のニューアルバム『幸福』が発売された。前作の『Me-imi』から約11年半が経っており、ファンの側からすると「待望の」というよりもはや「待ってさえいなかった」という気持ちの方が強いかもしれない。

日めくりカレンダーに載せたくなるような名言・至言が曲中で頻出する割に、歌詞づくりへの苦手意識を公言している岡村。一方、「メロディに関しては、あまり悩むことはないです。どんな時でも……まぁ……生まれるというか」(「Weeklyぴあ」2007年10月25日号より)なんて発言も残している。
あまりにもなブランクの要因は、推して知るべしか。もちろん前作と今作の間に起こった覚せい剤取締法違反による3度の逮捕(2度の実刑判決)も、彼の活動ペースに大きく影響している。

90年代以降、極端な寡作アーティストとなったことで、岡村靖幸の評価は世代から世代へ語り継がれ、図らずも伝説は妙な形で肥大化していった。

「松田聖子・プリンス・ビートルズで三角形書いて、僕はその真ん中にいたい」


シングル「OUT OF BLUE」でデビューする以前、19歳の頃から岡村が作曲家活動をスタートさせていたのは有名な話だ。ソングライター・岡村靖幸が初めて提供した曲は、渡辺美里の2ndシングル「Growin’ Up」。
当時(1985~86年ごろ)、渡辺美里チームでメインソングライターの役目を担っていたのは小室哲哉と岡村靖幸。大雑把に分けると、ポップ寄りの楽曲を小室が、ファンキーな楽曲は岡村が渡辺美里に提供していた。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年2月25日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。