review

「わたしを離さないで」6話。まさかの日本国憲法

先週の放送でドラマ「わたしを離さないで」は、第2部「コテージ編」が終了した。その第6話は、カズオ・イシグロ原作の小説『わたしを離さないで』からはほぼ離れたオリジナル回だったのである。この回で、ドラマの性格がほぼ見えてきたように思う。その解釈の前に、1つびっくりするようなニュースが飛び込んできたのでお報せを。

来週放送の第8話では、保科恭子(原作におけるキャシー・H)の子供時代を演じた鈴木梨央が再登場し、成人した恭子(綾瀬はるか・演)と対面することになるらしい。写真を見た限りでは、単なるカメオ出演とは思えない。この場面が何を意味するのか、非常に気になるところだ。
「わたしを離さないで」6話。まさかの日本国憲法
金曜ドラマ「わたしを離さないで」8話より(C)TBS

日本国憲法第13条


というわけで第6話について。
第1部の陽光学苑編から、ドラマには原作にはないキャラクターが加えられていた。遠藤真実である。子供時代をエマ・バーンズ、成長後を中井ノエミが演じた。
第1部の時点では恭子たちのルームメイトとして登場し、酒井美和(原作におけるルース。子供時代を瑞城さくら、成人してからは水川あさみ・演)の嘘を容赦なく指摘するなどして(原作ではキャシー・Hがルースの嘘を暴いてしまう)、人を支配したがる彼女と敵対した。つまり美和と恭子の関係を客観的に批判するキャラクターだったのである。第2部に入って、彼女の重要性は増した。自分たちが「提供」という運命を背負わされたことに疑義を呈し、抵抗するという役割を与えられたからである。「外」の支援者と協力し、「提供者」の人権擁護を訴える活動をする。これはまったく原作にない要素である。人間には、自分の人生を自分のために使う権利がある。そのことを訴えるために彼女はドラマに登場した。

あわせて読みたい

  • 「わたしを離さないで」の性教育

    「わたしを離さないで」の性教育

  • 原作から離れる「わたしを離さないで」

    原作から離れる「わたしを離さないで」

  • 「わたしを離さないで」原作と違う部分

    「わたしを離さないで」原作と違う部分

  • 『わたしを離さないで』見事なドラマ化

    『わたしを離さないで』見事なドラマ化

  • レビューの記事をもっと見る 2016年2月26日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    わたしを離さないで

    わたしを離さないで

    カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』ドラマ版のレビュー一覧。

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース