SCANDAL 新作『YELLOW』にはポップでハッピーでファンキーな曲が集まってる/インタビュー2

――今作では、作詞 RINA、作曲 MAMIで5曲作ってますね。このコンビ感もすごくハマってる気がしたんですが。

MAMI:RINAの明確なイメージとか、送ってくれた歌詞に曲をつけることもあるけど、今回は曲先で歌詞を書いてくれたものもあって。なんか、作業がものすごいスピーディーなんですよ。送ったらすぐ戻してくれる。

――(ザ・ビートルズの)レノン&マッカートニー的な(笑)?

MAMI:そんな(笑)。

RINA:でもその二人も、一人がカセットテープにフレーズを置いてったら、次の日にもうメロディーが乗ってたとかですよね。そういう意味でいうと、ORANGE RANGEのNAOTOさんと「太陽スキャンダラス」を作った時も、あのスピードはプロ中のプロだなと思った。そうやって音楽の先輩方への尊敬とか影響もあるんですよね。いいものって、早くできてるのかもって。それは心がけてるんです。

歌で吐き出すっていうことができたアルバムでした

――また、この前の武道館でも感じたことであり、このアルバムの音源としても感じたのは、HARUNAさんのボーカルの変化。歌に向き合う姿勢みたいなものが大きく変わってる気がしました。

HARUNA:少し前から、改めて“歌を歌う”ということが楽しくなったんです。ここ数年は自分自身の歌に対して悩んだり、試行錯誤の末に生み出すことが増えてたんですが、最近は、考えることよりも気持ちが反応するようになったんですよね。ちゃんと、曲に自分の気持ちをそのまま乗っけることが出来るようになった。今回のアルバムに関して、私も歌詞を書いたりしてトライはしてたけど、うまくアウトプットができなかったんですよ。だったら、今自分が力を振り絞るのはそこではないのかもしれないなと。純粋に気持ちが高鳴るのは「歌だな」と思ったんですよね。

あわせて読みたい

  • 【MC】SCANDAL 日本武道館初日。衝撃の出来事を告白!?/MCレポート・セトリ

    【MC】SCANDAL 日本武道館初日。衝撃の出来事を告白!?/MCレポート・セトリ

  • SCANDAL 日本武道館初日! 2016年初ワンマンの模様をキャッチ/ライブレポート・セトリ

    SCANDAL 日本武道館初日! 2016年初ワンマンの模様をキャッチ/ライブレポート・セトリ

  • SCANDAL ドキュメンタリー映画が公開。問題シーンを収録した訳 /インタビュー

    SCANDAL ドキュメンタリー映画が公開。問題シーンを収録した訳 /インタビュー

  • SCANDAL 「SPEEDを見て本気になった」。アーティストになった原点を語る/インタビュー

    SCANDAL 「SPEEDを見て本気になった」。アーティストになった原点を語る/インタビュー

  • エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2016年3月1日の音楽記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら