review

ヤバイ、工藤阿須加にすっかり夢中「あさが来た」125話

朝ドラ「あさが来た」(NHK 月〜土 朝8時〜)2月26日(金)放送。第21週「夢見る人」第125話より。原案:古川智映子 脚本:大森美香 演出:西谷真一
ヤバイ、工藤阿須加にすっかり夢中「あさが来た」125話
イラスト/小西りえこ

125話はこんな話


千代(小芝風花)は帝大生・東柳啓介(工藤阿須加)にすっかり夢中。

いまが一番暗い夜かもしれない


大隈重信(高橋英樹)の妻・綾子(松坂慶子)がやって来て、男たちはどんなに権力があっても立場が変われば態度を変えるかもしれないが、女たちは違うって主張したことが、びっくりぽんや! と笑って済ませられないほど薄ら寒い。そんなわけないだろう。女同士はそんなに結束固くない。
例えば、この時代、抑圧された女たちが強く団結しているのだったら、男女同権を目指した結果、女は大切なものを失ったってことだ。
これまで、歴史的なシリアス問題も、ファンタジック五代くんによって中和されていたのが、高橋英樹と松坂慶子の重鎮参加で、俄然、本格的大河ドラマ感が強まり、バランスが崩れてきた。今さら、「花燃ゆ」リベンジしなくていいのでは。
どうした「あさが来た」。ここまで順調にセーターを編んできたら、あと少しのところで毛糸が足りなくなった感じ? それとも、大河「真田丸」がホームドラマ化して、女性たちがほのぼのしてるから、朝ドラはあえてちょっと重み出してみたか。
100話以上描くのはそれだけ大変。ひとりで脚本と向き合っている作家は、いまが一番暗い夜かもしれない。最終回という朝まであと30話くらいだから頑張ってほしい。

あわせて読みたい

  • 銀行出来た〜!「あさが来た」123話

    銀行出来た〜!「あさが来た」123話

  • 刃物のイケメン「あさが来た」122話

    刃物のイケメン「あさが来た」122話

  • ええ具合にブスッと「あさが来た」

    ええ具合にブスッと「あさが来た」

  • 俺より先に死ぬな「あさが来た」120話

    俺より先に死ぬな「あさが来た」120話

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2016年2月27日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュース

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュース

    次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュース

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    あさが来た

    あさが来た

    『あさが来た』は幕末から明治、大正の時代に活躍した実業家・広岡浅子をモデルにしたNHK連続テレビ小説。

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら