review

「真田丸」7話。3人のカットが多い理由

NHK 大河ドラマ「真田丸」(作:作三谷幸喜/毎週日曜 総合テレビ午後8時 BS プレミアム 午後6時)
2月21日放送 第7回「奪回」 演出:田中正
「真田丸」7話。3人のカットが多い理由

6回の16.9%から、7回は17.4%と、迷走から奪回。サブタイトルと視聴率を連動させるとは、どこまでエンターテイメントしているのだろう!

調子の良かった7回は、滝川一益(段田安則)が、北条討伐に向かう隙に、沼田城、岩櫃城の奪還を狙う(冒頭のテロップより)真田昌幸(草刈正雄)の大勝負の中で、奮闘するも失敗続きの源次郎・信繁(堺雅人)の姿が描かれた。

背景にあるエピソードは、【天正壬午の乱】という、本能寺の変の後、持ち主がいなくなった旧武田領(甲斐、信濃、上野)をめぐる近隣諸大名の争い。この乱に関するドラマが、三谷幸喜の「真田丸」の特異な部分であることを、堺雅人は、以前、インタビュー
でこう語っている。


「歴史劇を描く時、たいていは史実をなぞりますから、俳優も、あらかじめ、勝者は勝者の顔をし、敗者は敗者のような顔をして演技をしてしまいがちです。実際のところは、一寸先は闇で、先のことはわかりません。三谷幸喜さんは、そのわからない“闇”を見つめる作家です。例えば、織田信長が本能寺の変で死んだ後、『天正壬午の乱』という戦いが起ります。でもそれは敗戦処理みたいなもので、たいていの映画やドラマでは1話もかけずに済まされてしまう。でも、三谷さんはそこに3話もかけているんですよ。その戦いが実に面白くて、僕ら俳優も、歴史をわかったふりをせず、その瞬間、瞬間、何が起るかわからないように生き生きと演じていきたいと思わされました」

あわせて読みたい

  • 冒険活劇みたいな「真田丸」5話

    冒険活劇みたいな「真田丸」5話

  • シェイクスピア劇みたい「真田丸」4話

    シェイクスピア劇みたい「真田丸」4話

  • 「真田丸」堺雅人、長澤まさみをおんぶ

    「真田丸」堺雅人、長澤まさみをおんぶ

  • 「真田丸」2話。赤と黒のこよりの選択

    「真田丸」2話。赤と黒のこよりの選択

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2016年2月28日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュース

    次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュース

    次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「花燃ゆ」のニュース

    次に読みたい関連記事「花燃ゆ」のニュースをもっと見る

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    真田丸

    真田丸

    NHK大河ドラマ「真田丸」

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース