bit

予約から受け取りまで半年以上かかる幻のラーメンスープ通販店

店主に聞くスープの調理工程


感動した勢いでなんとしても店主にお話を聞いてみたくなって打診したところ、「ら道本店」の店主・水谷さんにいくつかの質問をさせていただけることになった。

――水谷さんはお仕事のかたわらでスープ作りを始めたそうですが、今も別に本業がおありなんですか?
「はい、今も昼間の仕事をしております」

――そもそもは普通にラーメンがお好きで食べ歩きをしていたんですよね?
「はい、皆様と同じでラーメン好きの一人です。それが『食べる』から『作ってみたい』になってしまったのですよ」

――このクリーミーなスープはどのように作っていらっしゃるんでしょうか
「豚骨と野菜類などを7~8時間炊き込んでおります。また炊き込む前に3~4時間ほどの下処理(臭み取り)をしています」

ちなみに「ら道本店」は、浜田雅功と田村淳が出演するローカル番組である『ごぶごぶ(毎日放送)』に取り上げられたことがあり、それが人気を後押ししたのだという。

――番組の反響はすごかったですか?
「想像を絶するものになっております。特に浜田さん、田村さんのリアクションが非常に良かったので!店舗の前には行列はできないのですが、ネット上の行列が未だに続きリピートも多数になっております」

――通販と来店予約は現在どれぐらい待つ状態ですか?
「現時点で昨年の6月17日にご連絡が取れた方々にご案内をさせて頂いている状態です。また、特にこの日だけで予約いただいた方が470名様ほどいらっしゃる状態です。ご来店につきましては現在10月分までご予約が入ってきております」

お話しを聞けば聞くほど大変そうな状況だ。店主の水谷さんが美味しいスープを作り続けられるように、とにかく気長に待つのが肝要であろう。私自身がそうだったのだが、予約後に一度忘れるぐらいがちょうどいいかもしれない!なんにせよ、待つ価値のある本当に美味なスープでした。予約方法は「ら道本店」公式Facebookページからどうぞ!
(スズキナオ)

あわせて読みたい

  • 「二郎」毎日食べる人 Twitter終了

    「二郎」毎日食べる人 Twitter終了

  • 京都発、謎の食べ物「キーシマ」

    京都発、謎の食べ物「キーシマ」

  • 喜多方ラーメン坂内に米国人が行列

    喜多方ラーメン坂内に米国人が行列

  • スタバよりスガキヤ? 愛知の図書館

    スタバよりスガキヤ? 愛知の図書館

  • コネタの記事をもっと見る 2016年3月1日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース