90s

浜崎あゆみの黒歴史 殺される役も経験していた

       
つまり、長瀬は二股を掛けていたようである。その某共演者とは一体誰だったのか気になるところだ……。

悲劇の女子高生役が続いたあゆ


1994年には「浜サキあゆみ」に改名。(サキは「崎」の旧字。右上が立)映画、ドラマと出演を重ねるが……。
1995年公開の映画『渚のシンドバッド』では、再びレイプされた過去のある女子高生役。野島伸司脚本の衝撃作『未成年』では、家庭教師の子供を身ごもる女子高生役。なんだか襲われてばかり。1996年の『闇のパープル・アイ』では、雛形あきこ演じる主人公の親友として健全な女子高生役となるが、ドラマ中盤であっけなく殺されてしまうのだった。

ラッパー「AYUMI」として幻の歌手デビュー


この頃はグラビア活動も盛んであり、水着姿も披露しているが、その他大勢の中の一人でしかなかった。女優業もグラビアも第一線に立てない中、新たなフィールドを模索したのが歌手活動だ。

それが、1995年9月21日に日本コロムビアからリリースされた『NOTHING FROM NOTHING』。名義は、AYUMIフィーチャリングDOHZI-T(現・童子-T)&DJ BASS。ヒップホップグループ『ZINGI』の2人を従えての、まさかのラッパーデビューであった。
『EAST END×YURI』的なノリで初々しいラップを披露するも、大した話題にもならず、セールスも振るわず。このままフェードアウトすると思われたが……。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「浜崎あゆみの黒歴史 殺される役も経験していた」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    人の下積みを黒歴史とか何様のつもりなんだろう

    8
この記事にコメントする

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年3月9日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。