review

あの日「笑っていいとも」が取り戻した“日常” 『1989年のテレビっ子』に聞く

”テレビバラエティの青春時代”を「1989年」とし、芸人やテレビマン達の生き様を描いた『1989年のテレビっ子』

MANZAIブームを起点に、土8戦争、BIG3、お笑い第三世代に至るまで、当事者への取材はせず膨大な資料を元に編み上げた圧巻のテレビ史。一体どのようにして書かれたのか、著者の“テレビっ子ライター”戸部田誠(てれびのスキマ)さんにインタビューしました。
(『1989年のテレビっ子』のレビューはこちら→「バラエティは残酷」全員集合vs.ひょうきん族「土曜8時」は戦場だった『1989年のテレビっ子』
あの日「笑っていいとも」が取り戻した“日常” 『1989年のテレビっ子』に聞く
戸部田誠(てれびのスキマ)『1989年のテレビっ子 -たけし、さんま、タモリ、加トケン、紳助、とんねるず、ウンナン、ダウンタウン、その他多くの芸人とテレビマン、そして11歳の僕の青春記』(双葉社)

「すごい面白いテレビを見た」本にしたかった


── まず、なんてお呼びしたら……戸部田さん?スキマさん?
スキマ どちらでも大丈夫です。固い雑誌だと「戸部田」が採用されたりしますね。
── では「スキマさん」で(笑)。『1989年のテレビっ子』は、2014年3月の『笑っていいとも!』グランドフィナーレの「伝説の一夜」から始まって、「1989年はテレビバラエティ青春時代だった」と振り返っていくわけですが、そもそも「1989年」というキーワードに着目したきっかけはなんだったんでしょう?
スキマ 僕、年表が大好きで、自分でもざっくりした年表を作って事あるごとに見ているんです。ふとした時に、1989年に『オレたちひょうきん族』が終わると同時に『ガキの使いやあらへんで!』が始まっていることに気がついて。1989年をよく見ていくと、『とんねるずのみなさんのおかげです』の裏で『ザ・ベストテン』が終わったり、いろんな象徴的な番組が終わったり始まったりしていたんですね。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース