bit

世界初の"十字型テント" 秘密基地を目指したら野外フェス仕様になった!

       
たまに音楽フェスへ泊まりがけで出向くのですが、夜に活躍するのはテントです。夜風を凌ぐために設置し、仲間数人で就寝。
これが、ワクワクなんですよね。家で寝てる時とは、あまりに雰囲気と状況が違う。いつもは自宅で一人寝てるのに、この時に限っては狭いスペース内で川の字状態でグッスリ。これが、なぜだかワクワクさせます。快適ではないし不便なのに、我ながら不思議だなぁ。

"秘密基地感"を追求して、十字型になった


このワクワクが倍増しそうなテントが開発されました。アウトドア用品ブランド「DOPPELGANGER OUTDOOR(ドッペルギャンガーアウトドア)」が今月より発売している『クレイジーエックス』(税別18,000円)は、4人用の"世界初十字型テント"です。
世界初の"十字型テント" 秘密基地を目指したら野外フェス仕様になった!


あまりに斬新なのだけど、ただ奇をてらっただけじゃない。内部は、4つの寝室スペースとそれらをつなぐ1つのミーティングスペースで構成されています。
世界初の"十字型テント" 秘密基地を目指したら野外フェス仕様になった!

世界初の"十字型テント" 秘密基地を目指したら野外フェス仕様になった!

要するに"川の字"から解放され、それぞれがパーソナルスペースを確保することができる。しかも、孤独じゃない。中央はミーティングスペースになっており、全員が顔を合わせて談笑したりトランプなどで遊んだりすることができます。

でも、なんでこんなフォルムのテントを作ったのかしら?
「キャンプというものは本来、日常生活より不便なもの。それを解消すべく、アウトドアメーカー各社は野外でいかに快適に過ごすかを追求した製品づくりに励んでいます。しかし、当ブランドが『我々は何のためにわざわざキャンプという不便なことをするのだろう』と振り返った結果、辿り着いた答えは『自然の中の未知なるワクワクを追い求めるため』でした。快適さだけ欲しいなら、キャンプなんてしなくていい。子どもの頃に木に登ったり秘密基地を作ったり、あの時と似た興奮や感動がキャンプにあるから外へ出るんだ。……そう考えました。興奮や感動を追い求める多くのキャンパーに、テントの中で眠りにつく瞬間までワクワクしてもらえるような製品を作りたいと、このテントを考案いたしました」(担当者)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年3月26日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。