review

「ごきげんよう」ラスト3回。小堺一機が大将に「お前にピンの仕事来ない」と言われた理由

今から31年半前。当時28歳の小堺一機が『いただきます』の司会に抜擢された時のこと。

プロデューサーの横澤彪は小堺に「タモリさんにも言ったんだけど、毎日だからさ、仕事だと思うとキツいから、遊びに来るつもりでやってくださいね。それくらいでいいんですよ」と声をかけていた。その言葉を真に受けた小堺だったが……。

小堺 そうなんだ〜って遊びに来るつもりで行ったら、ふた月目くらいに(横澤さんから)「この番組いつから面白くなるんですか?」って。その時に、毛根が死んだ音がした。
「ごきげんよう」ラスト3回。小堺一機が大将に「お前にピンの仕事来ない」と言われた理由
DVD『ごきげんよう 25年間ありがとうBOX~あんな人も!こんな人も!出てました!〜』(ポニーキャニオン)。2011年以降放送分からサイコロトークを厳選。

1991年に始まった『ごきげんよう』が今週木曜日の3月31日で25年の歴史に幕を下ろす。その前番組『いただきます』が始まったのが1984年10月なので、小堺一機がこの枠でお昼の司会をしていた期間は実に31年半。『笑っていいとも』とちょうど同じ期間である。

終了間際ということで、ここ数日の『ごきげんよう』はゲストが「小堺さんの労をねぎらう」という展開が続いている。3月25日放送では後輩の浅井企画の芸人たち(キャイ〜ン、ずん、イワイガワ)が、3月29日放送ではめちゃイケメンバー14人がゲスト。サイコロの目には「ずっと聞いてみたかったこと」「立ち入った質問」などが並び、この機会に小堺さんに色々聞いてみよう! というモードに入っていた。

「築地」があるのに「冷めた料理」を出していた


小堺 だって、僕は欽ちゃんに「お前にはピンの仕事は来ない」って言われてたんだから。

あわせて読みたい

  • 「ごきげんよう」独りのサイコロトーク

    「ごきげんよう」独りのサイコロトーク

  • 本日テレフォンショッキングで初の競演、タモリと萩本欽一。初対面は「げっ、玄関の前にタモリがいます!」

    本日テレフォンショッキングで初の競演、タモリと萩本欽一。初対面は「げっ、玄関の前にタモリがいます!」

  • 元AKB、大堀恵を射止めた男。脚本家・金沢達也独占インタビュー

    元AKB、大堀恵を射止めた男。脚本家・金沢達也独占インタビュー

  • 若き明石家さんまのアナーキーな発言にしびれる。「別冊ザテレビジョン 吉本印」復刻インタビュー

    若き明石家さんまのアナーキーな発言にしびれる。「別冊ザテレビジョン 吉本印」復刻インタビュー

  • レビューの記事をもっと見る 2016年3月30日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース