bit

旧遊郭からドヤ街まで 横浜市民も知らない「裏ヨコハマ探索ツアー」に行ってきた


旧遊郭からドヤ街まで 横浜市民も知らない「裏ヨコハマ探索ツアー」に行ってきた


やたらと狭い間隔で扉がならんでいるのが娼館の名残だ。「ちょんの間」と呼ばれた娼館の面影が残る風景。かつては扉ごとに娼婦が立っており、2階で"コト"が行われていた。

旧遊郭からドヤ街まで 横浜市民も知らない「裏ヨコハマ探索ツアー」に行ってきた
「撲滅宣言」の看板


旧遊郭からドヤ街まで 横浜市民も知らない「裏ヨコハマ探索ツアー」に行ってきた
現在は小さなアートギャラリーとして使用されているところも


「親不孝通り」と呼ばれる風俗街へ


通称「親不孝通り」と呼ばれる曙町エリアへ。いわゆる風俗店が立ち並び、客引きと思われる店員が多数見受けられた。店名が一切書かれていない店もあり、明らかに怪しい雰囲気がただよう街だ。
旧遊郭からドヤ街まで 横浜市民も知らない「裏ヨコハマ探索ツアー」に行ってきた

旧遊郭からドヤ街まで 横浜市民も知らない「裏ヨコハマ探索ツアー」に行ってきた
18禁マークのみで店名が一切書かれていない


三大ドヤ街の一つ、寿町を歩く


大阪の釜ヶ崎、東京の山谷とならび「三大ドヤ街」の一つといわれる寿町へ。日雇い労働者があつまるスラム街のような場所だ。降りるとさっそく、酒臭いオッサンたちがたむろしていた。1泊2,000円前後の安宿がならんでおり、宿のとなりにはコインランドリーやコインシャワーがある。彼らは道路の真ん中を堂々と歩き、タクシーが通っても避けようとしない。ドライバーさん曰く「たぶん、クルマがぶつかったらラッキー、ぐらいに思っているんでしょうね」。

旧遊郭からドヤ街まで 横浜市民も知らない「裏ヨコハマ探索ツアー」に行ってきた


旧遊郭からドヤ街まで 横浜市民も知らない「裏ヨコハマ探索ツアー」に行ってきた
1泊1,500~2,100円の簡易宿泊所。


旧遊郭からドヤ街まで 横浜市民も知らない「裏ヨコハマ探索ツアー」に行ってきた
エアコン室外機の間隔から、1部屋の狭さがうかがえる。


旧遊郭からドヤ街まで 横浜市民も知らない「裏ヨコハマ探索ツアー」に行ってきた
コインランドリーとともに、コインシャワーが4つ並んでいた

一転して華やかな街、元町へ


がらりと雰囲気が変わり、見るからに高級そうな洋服店や宝石店、カフェなどが並ぶ元町。歩いている人も、オシャレなファッションを身にまとう女性が多い。東京でいえば銀座のような街だ。

この元町、先ほどのドヤ街・寿町からわずか1.2km。タクシーなら7分だ。この狭いエリアでこれほどの生活落差を感じることもそうそうない。

旧遊郭からドヤ街まで 横浜市民も知らない「裏ヨコハマ探索ツアー」に行ってきた
元町通りの入り口


旧遊郭からドヤ街まで 横浜市民も知らない「裏ヨコハマ探索ツアー」に行ってきた


新山下からマリンタワーへ


貯木場発祥の地、「木のみなと」からベイブリッジを見たあと、かつて灯台としても使われていたマリンタワーへ向かった。2006年、経営悪化を理由にいったん営業を終了したマリンタワーは、「マリンタワー再生事業」に基づき横浜市が改修・リニューアルし、2009年に再オープンした。...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2016年4月12日のコネタ記事
「旧遊郭からドヤ街まで 横浜市民も知らない「裏ヨコハマ探索ツアー」に行ってきた」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    うーん・・・地元民(西区・中区)なら知ってると思うラインナップですねそこらへん。 「横浜市民も知らない」というのはどうかと。

    4
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース